独り言

小学校にロリコン教師は実在します。お子さんを持つ親御さんは、どうかお気をつけて

投稿日:2019年3月7日 更新日:

歳をとったせいか、昔のことをよく思い出します。

特に子供の頃の嫌な経験ほど鮮明に覚えていて、不意に脳裏に蘇ることが多いです。フラッシュバックというのでしょうか。

母に過度に叱られたことだったり、教室で恥をかいたことだったり内容は様々ですが、その中に小学校の教師に受けた記憶も存在します。

思い出したくないので、何処かに吐き出せばスッキリするかもしれないと思うのと、お子さんを持つ親御さん達に気をつけて欲しいので、嫌な内容ですが書いてみます。

胸糞な内容だと思うので、同じような経験がある方や、嫌だと感じた方は読まないでね。

小学校5年か6年の頃でした

小学校の高学年になると、学校外に泊まりで行く行事がありますよね。

私は楽しみにしていて、母も新しい服やパジャマを買って用意してくれたのを覚えています。

泊まった部屋は7、8人で、寝る前にトランプをしたり、好きな男子のことを話したりしたのではないかと思います。そこは全然覚えてないですが…。

就寝時間が過ぎて私が寝ていると、不意に寒気を感じて、目を覚ましました。

前にボタンを留めるタイプのパジャマを着ていたのですが、そのボタンが外れて、胸元がはだけていました。

ぼんやりと、なんでだろう…と思っていると、頭上にニヤついた男たちの顔がありました。

学年主任の先生と、担任の先生でした。

最初は二人で下卑たツラでニヤニヤしていましたが、私が目を開けたことに気づくと、慌てて「まだ、寝ていて良いんだよ」などと猫撫で声で言いながら、私のボタンを戻し始めました。

私は寝ぼけていたので、「どうして先生がいるんだろ、見回りかな、寝ないと怒られる…」などと思いながら、そのまま、また寝ました。

先生はそのまま部屋を出て行ったような気がします。たぶん。

翌朝、先生に「よく眠れましたか?」と聞かれたのを、明確に覚えています。

どうして私にだけ、そんなことを聞くのか不思議に思ったからです。

その行為の意味がわからなかった

私はなんというか、精神的に幼かったのだと思います。

性的な知識はあっても、先生という立派な大人が、自分のような子供にそういう感情を持つ、などとは夢にも考えたことがありませんでした。

先生の年齢は40歳ぐらいで、自分にも子供がいる人でした。気持ち悪いね。

その頃、ちょうど胸も育ってきた頃で、先生に何度か胸に関することも言われたのですが、それは「先生として」子供の自分に忠告してくれているのだろうと思っていて、何となく嫌だなとは思いつつ、性的な意味で言われているという受け止め方は、したことが無かったのです。

「先生が夜中に見回りに来る」のは普通だと思っていたし、どうして「よく眠れたか」を確認されたのか、長いこと意味がわかりませんでした。

意味がわからないながらも、何か引っ掛かりを覚えてそれは記憶に残っていて、後年になって霧が晴れたようにやっとその意味がわかって、「あいつロリコンじゃん死ね」と気づいたのです。

具体的に何をされていたのか覚えていないのは、不幸中の幸いと言うべきか…。

気づいたのはだいぶ大人になってからで、それまでしばらくは思い出すことが無かったのですが、何かの切っ掛けで急に思い出して「そうだったのか」となったのです。

思い出さなければ良かったのに。

先生より母が怖かった

家に帰った後、母に旅行のことを聞かれて、楽しかったことを私は話しました。

でも、その夜の出来事のことはよく意味がわからなかったので話さなかったし、自分の中で「忘れるべき記憶」として長いこと脳の隅に追いやられていたのかもしれません。

母と私は、何でも気さくに話せる間柄では、ありませんでした。

(と、私は思っています。)

別件ですが、当時、私を含めたクラスの子たちの間でちょっとした事件がありました。

いじめとかではなく、今考えると本当にくだらないことなんだけど、詳細は伏せますね。

生徒の間で流行っていた交換日記を先生が没収して、その事件について書いていないか確認する、という出来事があって、「大人しく提出すれば親には話さない」と先生は言いました。

私は「母に叱られるよりは先生に叱られたほうがマシ。母にバレたら大変なことになる」と思ったので、相手の子と一緒に交換日記を提出しました。

今思えば、先生はそんな事件のことより、自分がやらかしたことや普段の性的な言動について生徒が書いていないか、チェックしたかったんじゃないかと思います。

結局、その後の保護者面談であっさり事件のことは先生から母に話されました。

面談の後、母がケーキを買って帰ってきたので、「先生は事件のことを話さないでくれたんだ」と私は安心してケーキを食べましたが、その後で母から「今日、先生から何を話されたかわかる?」と尋問が始まりました。

「お母さんより先生を信用するなんて酷い、日記まで没収するなんて先生はやり過ぎだ、先に話してくれたら一緒に先生に抗議したのに!」と、母は泣きながら激怒しました。

その時のことは本当に鮮明に覚えていて、母が何処の店で、何のケーキを買ってきたかまで覚えています。

「先生が約束を破った」ことと「母は腹の中でこんなに怒っていたのに、ケーキを買ってきて子供を喜ばせてからお説教するなんて、どうしてそんな酷いことをするのか理解できない」という二重のショックで、深く私の心に傷が残ったから。

母は怒りながら「ケーキなんか全然美味しくなかった!砂を食べてるみたいだった!でも、ケーキでも買わなきゃやってられない気分だった!」と言いましたが、それなら、お説教の後に食べたら良かったのに…。

母は母で、私が隠し事をしたということに深く傷ついたのだと思います。

でも、こうやって半狂乱で怒られることが今までにも何度もあって、それまでの過程で、自分の何気ない発言で唐突に母が烈火のごとく怒るという繰り返しで、私は育ってきたわけです。

幼い頃から、何度も家の外に立たされました。

母が怒ることは、当時の私にとってこの世の最大の恐怖でした。

私はいつの間にか「出来るだけ母を怒らせないように毎日気を遣い、極力余計なことは話さないようにする子供」になっていたようです。

だから、せっかく母が新しい服を準備して送り出してくれた、楽しい筈の旅先で、変な出来事があったなんて話してはいけない、と判断したのだと思います。

話しにくいことを、話せる親子でいてください

もし…なんて今更言っても仕方が無いのだけど、母と何でも話せる間柄であったとしたら、その事件のことは勿論、夜中に先生が部屋にいたことも、話せていたのかもしれません。

私が誰にも話さなかったことで明るみにならず、そのロリコン野郎は教職を続け、最後には学校で一番偉い役職になったようです。

名前を覚えているから、インターネットってそんなことも教えてくれます。
調べなければ良かったのだけどw

その間も、私のような心の未熟な女児を狙って同じようなことを繰り返していたのかと思うと、私の後に被害に遭った子がいるのかもしれないと思うと、気付けなくて申し訳ない、クソ野郎を教師ヅラさせ続けさせてしまって申し訳ない…と思ってしまうのです。

自分が受けた被害は、覚えている限りでは些細なことではあるけど、他の子には、どの程度の悪事を働いていたのかわからないですから。

小学校高学年って、性的なことは親には勿論、友達ともまだ話しづらい年頃です。

だから私も誰にも言わなかったのだと思うけれど、でもやっぱり、本当はまず母親に相談するべきだったのだと思います。

というか、母に相談出来たら良かったなぁ…、と思っています。

まぁ、そこで母を通じて学校に話したところで、「子供が寝ぼけたのでしょう」と一蹴して誤魔化される可能性は大いにありますけどね、何も証拠は無いわけですし。

ただ、話せば母は絶対に私の味方になってくれたと思います。今だから思うのかもしれないけど。

私には子供がいないのですが、とっても可愛い姪がいるので、すごく心配。

私はその経験を今でも親に言っていないし、死ぬまで話すつもりはありません。

でも、姪の母親になった妹には、話すべきかどうか、迷っています。

せめて、お子さんがいる親御さんに「ロリコン教師はテレビで報道されるだけではない。もっと身近に存在する」ってことを少しでも知ってもらえたら、と思って書きました。

子供は、先生という大人を学校にいる間は絶対的に信頼出来る存在だと思っているし、先生が自分にしてくることに違和感を持ったり、「嫌だな」と思っても「何故嫌なのか」がわからなくて、口に出せずにいることもあります。

すごく難しいことだと思いますが、「誰に話したら良いのかわからない」と子供が思った時に、その相手に親を選べる間柄でいてくれたら…、と、いつまでも子供な私からの、勝手なお願いです。

もっと、おマセさんな子なら逆らえたのかもしれませんが、そういう子をあいつらはターゲットにしません。

私みたいな、ぼんやりした心の幼い子供を選んで、狙っているんだと思います。滅びやがれ。

今どきは女の子だけじゃなくて、男の子も被害に遭うこともあるようですし、どうか本当に、お気をつけて。

先生という職業の人間が、信用できる相手とは限りません。

-独り言

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.