サイパン

サイパンに「グローバルWiFi」でモバイルルーターをレンタルして行ってみた!

投稿日:

モバイルルーターというものに、本当に縁がなくて使ったことがない私。

宿泊したサイパンのハイアットは、ロビーには無料Wi-Fiがあるものの、お部屋はつながりが悪いらしいと口コミで読んだので、とりあえずルーターを借りてみました。

ざーっと調べたところ、サイパンで使えるモバイルルーターって、あんまり種類がないのです。

その中で、値段も手頃で、なんとなく良さそうだったので「グローバルWiFi」に決めて、レンタルしてみました。

プランの選び方

サイパンの場合は、選べるプランは下記の2種類。

プラン名 データ通信量 定価料金 割引後の料金
サイパン 4G LTE 通常 250MB/日 1,170円/日 921円/日
サイパン 4G LTE 大容量 500MB/日 1,370円/日 1,111円/日

私は通常プランで申込んだので、「1日あたり250MB」でした。

どれぐらい使うのかよくわからなかったので、私と夫、二人で1台を使うことにしたのですが、そうなると一人あたりの使用可能容量は単純に半分に割ると125MBずつ

うーむ、必要最低限の利用しか出来ないかな…という感じ。

レンタル時に「ゲームとかやらないでくださいね。規定容量を大幅に超えて利用すると後日、追加料金が請求されることがあります」と言われたのでビビりましたが、返却後は、無事に追加請求されることはありませんでした。

普段の使用量は無料アプリでチェック!

私のように、普段、どれぐらいの容量を使っているかわからない方は、データ使用量をモニタリングできる無料アプリがあるので、使って計測してみると良いと思います。

私が使ってみたのは「通信量モニタ」という無料のAndroid用アプリで、モバイル通信量とWi-Fiの通信量を日ごとに見られます。
正確かはわかりませんが、おおよその目安だけでもわかれば安心です。

私はサイパン滞在中に思いつきでインストールしてしまって、そこで無駄に容量を使ってしまいましたがw、日本にいる間にインストールして、普段の使用量を見てみましょう!

LINK通信量モニター - Google Play の Android アプリ

実際にかかった料金と割引

料金は、4日間で5,738円(税込)でした。

出発当日の朝、成田空港で受け取って、帰ってきた日にそのまま成田空港で返す、という日程でレンタルしました。

当日は慌ただしくなりそうで心配でしたが、受け渡しも返却もスムーズに終わったので、時間がかからなくて良かった!

  • 渡航プラン:サイパン 4G LTE(1日あたり250MBまで)
  • レンタル期間:4日間
  • 受取場所:成田空港 第1 北ウイング4階で受取

料金内訳

料金 割引
データ通信料、端末代 1,170円×4日=4,680 円 早割(-800円)
特定サイト5%割引(-194円)
オプション/ライトプラン 500円×4日間=2,000円 特定サイト5%割引(-100円)
受渡手数料 500円 特定サイト申込で無料(-500円)
消費税 152円 -
小計 7,332円 -1,594円
支払合計 5,738円 -

「早割」と「特定サイト割引」

レンタル前に、グローバルWi-Fiのサイトで出て来る「かんたん料金シミュレータ」で出てくる料金は、「早割」と「特定サイト割引」が適用になる条件で算出されています。

受取場所ごとに「WEB規定申込期限」が決められているので、それまでに申し込めば早割が適用になります。

成田空港で受け取る場合は「前日15時までの申込」が規定申込期限です。

また、広告などから申込んだ場合「特定サイトからの割引」が適用になります。

このページに掲載しているバナーからも割引になります(*^^*)



「安心補償パック」加入必須

オプションで、補償プランの加入が必須です。

私は一番安い「ライトプラン(500円/日(税抜)」に加入しました。

Wi-Fi端末が破損、紛失、盗難に遭った場合の弁償代金が100%免除になる他、モバイルバッテリーレンタルも追加されるので、これで充分だと思います。

成田空港で借りて、返却

レンタル申込時に、「どこのカウンターで受け取るのか」を自分で選択する必要があります。

自分が乗る飛行機のターミナルに合わせて選択しておけば、最寄りのカウンターで借りることが出来ます。

ルーターと予備バッテリーがポーチに入ったものを渡されて、簡単な説明があるだけなので、5分ぐらいで受取が終わりました。

壊れ物なので、受託手荷物に入れずに機内持ち込みにしましょう。
(バッテリーは確か預けられなかった筈)

また、特に貸出時の説明など聞かなくても良い方は、空港によっては貸出ロッカーから自分で取り出して借りることも出来るので、時間の短縮になりますね。

私たちは「成田空港 第1 北ウイング4階」を選択。

焦っているので一瞬どこで借りるのか迷いましたが、北ウィングの場合はデルタ航空のカウンターの奥の方に、出店みたいな、小さいカウンターがあります。

(「132」と書いてあるところ)

帰りは、「1F 中央ビル 国際線到着ロビー」にカウンターがあります。

北ウィングの到着出口を出てぼーっと歩いていたら、すぐカウンターが見つかりました。

「JWiFi & Mobile × Global WiFi」というのが正式名称?のようです。
チケットぴあの看板が目立つので、それを目指して行きましょう。

営業時間は7:00~21:00ですが、成田空港では時間外の場合も返却BOXがあります。

繋がりやすさ

案の定、ハイアットの客室内ではホテルのフリーWi-Fiが繋がらなかったので、レンタルしてきて良かった~!

ホテル内では勿論、街中や、離島(マニャガハ島)でも、まったく問題なく接続ができました。

手のひらサイズなので、荷物にもなりません。

行く前にスマホの設定を変更しておきましょう!

スマホやタブレットの設定によっては、「Wi-Fi接続時に○○する」という設定を切っておかないと、規定の容量以上の通信をしてしまう可能性があります。

事前に、設定を確認しておきましょう!

  • データローミングのOFF
    キャリアのローミングサービスに勝手に繋がれてしまわないよう、OFFにしておきましょう。
  • クラウドサービスのアップロード停止
    iクラウド、Dropbox、Googleドライブ(フォト)など、Wi-Fi接続時に自動でデータをアップロードする機能は停止にしておきます。
  • アプリの自動更新
    こちらも、「Wi-Fi接続時に自動更新する」設定にしている方は、オフにしておきましょう。
  • Twitterの動画の自動再生をオフ
    私が一番データを使った気がしたのはTwitterですw
    動画は自動再生されないようにしておいた方が良いと思います!

一人1台あった方が便利だし、結局安いのかも

1日250MBで何が出来るか、という話ですが、globalWi-Fiのサイトによると、Youtubeで動画を約2分見たら終わりだそうです。

でも、LINEでメッセージのやり取りは約12万5,000回可能、LINEの音声通話も約10時間可能ということなので、ゲームや動画の利用をしなければ、それなりに使える容量だと思います。

規定の容量を超過すると、接続が停止になったり、後から請求が来ることがあるそうなので、あくまでもテキスト利用を基本に考えておいた方が良いですね。

ただ、やっぱり夫と二人で1台なので「一人あたり125MBかぁ…」と思うと、容量が気になってしまうのも事実。

それに、実際に旅行中に最もWi-Fiが必要になる時って、「街中で家族や友人とはぐれた時」だと思ったんです。

そういう時、どちらかがWi-Fi端末が持っていると、当然ですがもう一人は接続ができません。

DFSなどフリーWi-Fiがあるお店もありますが、Wi-Fiを探して移動するのも不便です。

夫がWi-Fi端末を持っている時に、広い店の中ではぐれてしまったので、私は一瞬だけ、auの海外ローミングで接続しました。

すると、「au世界サービス/LTEプラン(V)2,058円」と、しっかり請求されているではないですか…(;_;)

ほんのちょっと、LINEでメッセージを送っただけで!2千円も取られるのなら!
もう一台、Wi-Fiを借りていった方が安心だし、気兼ねなく使えるし、その方が良かった…(;_;)

と、後から泣いても遅いので、次からは2台レンタルしたほうが安心かなぁと思いました。

レンタルすると、次回1000円割引になるクーポンも貰えます。
2018年8月までなので、そうだなぁ、うちはちょっとそれまでには行けないかも…。



-サイパン

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.