ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

沖縄

海中道路を通って行ける離島「伊計島」の「伊計ビーチ」で海水浴&シュノーケリング

投稿日:

先日、伊計島の「AJリゾートアイランド伊計島」に宿泊しました。

「AJリゾートアイランド伊計島」にはホテルのビーチがない(あるけど、ファミリー向けではない)ので、宿泊すると「伊計ビーチ」の入場無料チケットが貰えます。

宿泊したついでに、「伊計ビーチ」にも寄って泳いできました!

駐車場のゴタゴタがあるのは伊計島の「大泊ビーチ」なので、嫌な思いをしたくない方は伊計ビーチに行くのがお勧めです。

AJに宿泊した方は無料チケットを貰えます!

「AJリゾートアイランド伊計島」に宿泊した方は、フロントでチケットを貰うのを忘れないようにしましょう!

チケットは当日発行なので、チェックインした時にはチケットはもらえません。
ビーチに行く時にフロントに寄って、発行して貰います。

また、チェックアウト後も利用できるので、帰る日でも大丈夫です!

忘れてしまうと、中学生以上は一人につき400円、5歳~小学生は一人につき300円の料金がかかりますので、ご注意を。

ビーチに入るだけで、なんで料金が必要なの?と思いますが、施設の維持費や駐車場代もあるので、仕方がないのかな…。

関連記事大人も子供も楽しめる!沖縄本島から行ける離島「AJリゾートアイランド伊計島」

伊計ビーチの様子

さすが元離島だけあって、ビーチは綺麗!
クラゲネットもあるので、お子さんも安心。

マリンアクティビティも充実していて、ビーチに入ってすぐ、中央にマリンスポーツの出発場所があります。
その左右に遊泳エリアがあるので、ビーチもなかなか広いです。

バナナボートなどで遊んでいるところを、ドローンで撮影してくれるサービスも有りました!

駐車場が混んでいても、遊泳エリアはそんなに混んでいるイメージは無かったです。

ビーチパーティーが出来るエリアもあるので、泳がずにバーベキューをしている方たちも多いです。
夏のビーチバーベキューは、見ているだけで暑い…w

持ち込みテントも広げられますが、この監視員さんがいる場所より外に立てるよう言われました。
真ん中のエリアは、レンタルパラソル用のゾーンなのね。わかる。

ビーチはサンゴの欠片や小石が多いので、マリンシューズが無いと足が痛いです。
午後は潮が引くので、尚更…!

持ち込みのシュノーケリングも出来ます!
が、ベストの着用必須です。

深いところに行くにつれて、お魚も見られます♪

こちらは、旅行のためにレンタルした水中カメラで撮った写真です!

関連記事防水デジタルカメラをレンタルして、沖縄でシュノーケリングした時の写真を撮ってみた!

ちなみに、ベスト無しのシュノーケリングや、遊泳エリア外で泳いだり、何か危険なことをしていると監視員さんが飛んできて注意されるので、安全面でもしっかりしていると思います。

伊計ビーチの設備

駐車場は350台以上停められるのだそうです!
混んでいる時は少し離れた場所になる可能性もありますが、私たちは土曜日の12時過ぎに着いて、車まで5分もかからない場所でした。

建物の中に、ロッカー室や更衣室もあります。
シャワーは有料で、200円で水シャワーが(確か)5分。

レストランは、外で気軽に食べられるパーラーコーナーと、水着で入れる食堂があります。
と、言っても中でつながっているので、パーラーの商品も食堂の中からも買えます。

涼しいところでゆっくり座って食べたい方は、食堂の中で。
タコライスや沖縄そばなどの定番から、焼肉、アジフライ、とんかつなどの定食もあります!

あと、食堂の中には座敷のテーブル席も一部あります。
水着では座れませんが、小さいお子さんやお年寄りがいてお留守番をされる場合は、寛げるのではないかと思います。

伊計ビーチへのアクセス

那覇から日帰りで行くには、高速道路を利用しても片道2時間弱と少し遠いですが、海中道路を通ってのドライブも午前中は気持ちが良いです。

午後になると潮が引いて、海中道路から見える海も岩ばっかりで寂しい感じなのでご注意を!

-沖縄

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.