沖縄

本島から車で行ける離島「AJリゾートアイランド伊計島」大人も子供も楽しめる!

投稿日:2017年7月26日 更新日:

伊計島は、沖縄本島から海中道路を通って行ける、陸続きの離島(元離島?)です。

夏には3年前にも行って、とても良かったので今年は2回目の滞在で2泊して来ました!

冬に家族でコテージに泊まったこともあるので、通算3回目のリピートです。

周りに何もない分、ホテルの施設は充実!

「AJリゾートアイランド伊計島」は、伊計島の先端にあるので、周りにはサトウキビ畑ぐらいしかありません。

その分、ホテルから出なくても遊べるよう、施設が充実しているので、ホテル内でゆっくり過ごしたいという方にはぴったりです。

屋外プール

小さいですが、スライダー付きのプール。

奥の方は子供用の浅いプールもあります。

昼間は海で遊ぶ人が多いのか、夜も結構泳いでいる元気なお子さんがいます。

奥に見えるとんがり屋根の建物は、レストランです。

キッズルーム

無料で遊べるキッズルーム。

姪っ子たちと行った時も、喜んで遊んでいました。

卓球台

無料で遊べる卓球台が2台、キッズルーム横の「多目的室」にあります。

テーブルにはオセロも置いてありました。

温泉施設、貸切風呂

以前の大浴場は宿泊者は無料だったと思うのですが、リニューアルして天然温泉施設が出来ました。

私の宿泊プランでは別料金(1000円)だったのでちょっと残念。

夏だし、二人なら部屋のお風呂が充分広かったので利用しませんでした。ご家族や冬の宿泊には良いかも。

ホテルの玄関前には無料の足湯もあります。

ふれあい動物コーナー、子供用カートコーナー

犬やポニー、ヤギやウサギなど、動物がいるのも楽しい!

今回は暑くて近づくのを断念してしまいましたが、奥の方にカートコーナーと遊具もあって、お庭が広いです!!

夜のプールサイド、お庭のライトアップ

あんまりすごいライトアップを期待してはいけませんが、夏でもライトアップされていて綺麗でした。

夫が高速移動している奇妙な写真が撮れた…ww

他にも、広大な敷地内には遊べるところや、便利な施設など色々あります。

  • 貸自転車(有料)
  • テニスコート
  • バスケットコート
  • コインランドリー(有料)
  • 売店
  • ロビーにマッサージチェア(無料)
  • 電子レンジ

ホテル裏の天然プライベートビーチが良い!

私がこのホテルを気に入っている理由の1つ!

ホテルは、ビーチフロントではなく、海沿いの崖の上に建っています。
ホテルの裏の道を5分程下っていくと、小さいですが天然のビーチがあります!

綺麗で、ホテルの宿泊客もほとんど利用していない穴場!

ここはホテルの敷地内のビーチではあるのですが、クラゲネットも無く、監視員もいないし、パラソルや売店も無く、ホテルも「自己責任で利用してね」と注意書きを出しています。

お昼を食べるところも無いし、アクティビティも無いし、設備もこのようなトイレとシャワーがあるだけ。

なので、お子さんがいる場合の利用には向いていないと思います。

ご家族向けには車で5分ぐらいの場所にある「伊計ビーチ」の無料券をホテルのフロントで貰えるので、そちらを利用した方が良いです。

関連記事海中道路を通って行ける離島「伊計島」の「伊計ビーチ」で海水浴&シュノーケリング

そんなわけで7月の沖縄とは思えないほど、ほとんど貸し切り状態で遊べるところが、大人には最高なのです!

浮き輪で浮かんでひたすらぼーっとしたり、自己責任ですが、シュノーケルも出来ます。
今回、カメラをレンタルして海の中の写真を撮ってみたので、よろしければご覧ください~!

関連記事防水デジタルカメラをレンタルして、沖縄でシュノーケリングした時の写真を撮ってみた!

人が全然いないので、あまり深いところまで行かず、ラッシュガード+トレンカ+マリンシューズで防備しています。
ネットで探せば上下4000円ぐらいで揃えられますので、お好みのデザインを探してみてください。

以前は「ビッグタイムリゾート伊計島」というホテルだった場所なので、その時はホテル併設ビーチとして使われていたのか、今でもビーチに建物の跡らしき柱が残っています。

この廃墟感、結構好きです。
「RPGで、船で冒険している途中に海のモンスターに襲われて、遭難して流れ着いた無人島」みたいな雰囲気がある!!!

午後(日によりますが、14時~15時頃)になるとだいぶ潮が引いて浅くなります。
そうすると、浅い岩場でも魚が見えるので、ちょっとだけお子さんと遊ぶのも良いかも。

岩場はくれぐれも、ビーチサンダルで入らないようご注意。

伊計島に限らず、沖縄のビーチにはサンゴの死骸や貝殻が多いので、マリンシューズがあると本当に便利です。

千円ぐらいで買えて、底面がゴムになっていて柔らかいので、岩場でもビーチでも重宝しますよー!

お部屋

今回は、ホテル棟のツインを利用しました。

ホテル棟のお部屋は、コテージ方面向きとレストラン方面向きがありますが、どちらも遠目のオーシャンビューで、海の上の崖に立っているような立地なので、目の前が海ー!という景色ではありません。

床がじゅうたんでなくタイルなので、海やプールから濡れて帰ってきても、部屋の中で履くのもスリッパではなくサンダルがあるので気にならないし、床が乾きやすいのが良いところ。

ベランダにもテーブルと椅子があります。

ユニットバスではなく、お風呂とトイレが別なのが嬉しい!

洗い場もあって、浴槽も大きめなので、のんびり浸かれます。

トイレのフタが自動開閉なので、入った後に自分でフタを閉めないと、少し時間が経った後に「バン!」と音がしてちょっと驚きますw

お風呂の前にある洗面所も広々。

手前にある大きな木の扉はクローゼットです。

上下別のパジャマも付いています。
ワッフル生地で気持ちが良いですが、案外厚手なので夏は暑いかも。

ベッドカバーには沖縄の「みんさー織り」のデザインが施されています。

写真には写っていませんが、テーブルと椅子がある対面の壁に鏡と、デスクとテレビがあります。
テレビはBSも写ります。

ルームキーを挿さないと電気とクーラーが付かないのがちょっと難点で、出かけて帰ってきた時には、クーラー+天井のシーリングファンを使わないとなかなか部屋が冷えないことも。

ちなみに、アメニティの歯ブラシや櫛が、何故かほとんどルームキーと同じ細さなので、使い方によっては…!(これ以上は言いますまい)

食事はレストラン「ハイビス」

食事は朝食、夕食ともにバイキングです。

夜は、本島まで行かないと、島内には他に食事が出来るところがありません。

昼食も沖縄そばやカレーなど、単品メニューで営業しています。

夕食

夕食ブッフェ料金

  • 大人(12歳以上):3,000円
  • 小学生(6歳~11歳):2,450円
  • 幼児(3歳~5歳):1,000円
  • 2歳以下:無料

メニューは月替りで、私達が行った時はメインの料理がハンバーグ、ローストチキン、まぐろ(日替り)、豚しゃぶ、と言う感じでした。

連泊したので2日続けてでしたが、結構内容が変わっていたので嬉しかったです。

1日目はまぐろのカルパッチョ。
2日目はまぐろのしゃぶしゃぶ(写真撮り忘れ)で、どちらも美味しかった~!

ローストチキン。
鶏肉好きなので嬉しい。美味しかった!

夫は沖縄そばコーナーが気に入っていました。
麺は八重山そば、沖縄そば、宮古そばの3種類から選んで、食べ比べられるのが楽しい。

デザートもあります!
お子さんに大人気のチョコレートファウンテン。

プチケーキ、フルーツ、マンゴープリンなどのカップデザートもあります。

他にも、ゴーヤーチャンプルーや、にんじんしりしり、てびちの煮付け、じゅーしー、ジーマーミ豆腐など、沖縄料理も色々ありました。

朝食

朝食ブッフェ料金

  • 大人(12歳以上):1,300円
  • 小学生(6歳~11歳):900円
  • 幼児(3歳~5歳):500円
  • 2歳以下:無料

私の印象では、朝食のほうが充実しているなぁと思いました!

朝食の目玉は、温かいフレンチトースト。

横に、シナモンを振って焼いたパイナップルもあって、一緒に食べると良いよ~という感じで並んでいるのが南国感!!
私はパイナップルは苦手なので食べていませんが…

フレンチトーストはふわふわで美味しかった!

パンも4種類。
紅芋バターやパイナップルジャムなどもあります。

朝から豚しゃぶもある!

朝から自分で盛れるタコライスもある!
夕食には無かったので、夜に食べたかったなぁ~~。

温かい「ゆし豆腐」。これがすんごく美味しかったです!

チャンプルーなどに使われる固めの「島豆腐」とは違って、ほろほろと柔らかい、おぼろ豆腐のような感じです。

他にも、納豆やごはん、焼き魚、漬物やお粥などの和食系から、卵料理やベーコン、ソーセージなど定番のおかずもしっかり揃っていました。

最寄りのスーパー、コンビニ

ホテルに行く前に買い物をしたい方は、高速道路を降りてから海中道路を渡る前までに寄っていきましょう。

伊計島内にも「伊計島共同スーパー」というのがあるのですが、品揃えがよくわからないので…。

片道30分ほど離れているので「近く」と言って良いか迷いますが、「最寄り」という意味ではこの辺です。
電話番号でカーナビにセットすると確実にたどり着けます。

  • イオン具志川店(098-983-6565)
  • MEGAドン・キホーテ うるま店(098-982-6911)
  • サンエー与勝シティ(098-978-8888)
  • ローソン 与那城海中道路前店(098-983-1966)

今回、ホテルに行く前に「イオン具志川店」に寄りましたが、洋服から電化製品、薬まで何でもあります。

2泊3日のスケジュール

私たちは2泊3日だったので、ホテルのまわりでゆっくり過ごしました。

  • 1日目:午後に着いたので、プールでのんびり
  • 2日目:ホテル裏のビーチでのんびり
  • 3日目:チェックアウト後に伊計ビーチでのんびり

美ら海水族館に行ったり、観光スポットをめぐる場合には拠点にするホテルには向いていません。
ホテルの敷地内でのんびり遊んで過ごしたい方にはおすすめ!

海やプールで遊ぶのに飽きたら、卓球やオセロをして遊べるのも良いです。

あと、夜は満天の星空がとっても綺麗なので、ぜひお庭に出て見てみて欲しいです!!

ホテル棟の他に、コテージにも宿泊したことがあるのですが、和洋室で大人5人、子供2人(乳児と幼児)で泊まりました。

畳の部分にお布団を3つ敷いて、ベッド2台をくっつけて妹夫婦と姪っ子がころころ寝ていました。

家族でワイワイ泊まるのも楽しいですよー!

-沖縄

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.