ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

日帰り旅

牛久大仏は、うさぎと遊べる癒やしのスポット!

投稿日:

以前、こんな記事を書きましたら、コメントで牛久大仏でうさぎと遊べるという情報をいただきました!

関連記事【もふもふ】うさぎと遊べる観光スポットまとめ

暖かくなったら行くぞ!と思い行ってきたのですが、去年のGWに行ったまま記事にもしていなかったので、思い出しながら書きます。

去年のGWはほとんど天気が良かったのに、私が出かけた日だけ、小雨が降るという徹底した雨女ぶり。

牛久大仏はでっかい

牛久駅まで電車で、そこからバスに乗って行くのですが、バスに乗りながら、既に大仏の姿がちょいちょい見えてきます。

段々と近づくに連れ、その姿がでっかくなっていくので、これから巨大な敵に向かっていくかのような緊張感があります。(私だけか?)

いざ、バスを降りて真正面に立つと、まじでかいです。でかいとしか言えない。

遠近感がおかしくなる写真。
実際の大仏様の顔は、手前にある大仏の顔の模型1000個分のボリュームだそうです。そう言われてもちょっと想像がつかない…。

大仏様の胎内にエレベーターで上がって展望台に行くことも出来るのですが、登るかどうかで入場料が異なります。
実際に近づいてから「やっぱり上がりたい」という場合は追加料金を払えば可能ですが、確か中に入ってから料金を払うと高くなるので、入場時にセット券を買っておいたほうが良いです。

天気が良ければ、スカイツリーや富士山が見えるのだそうです!

私たちが行った日はご覧の通りドン曇りで、展望台に上がっても何も見えないだろうというお天気でしたので、登りませんでした…。

お花摘みもあります

牛久大仏では、4月の桜から10月のコスモスまで、四季折々のお花が咲いています。
花畑では、有料ですがお花摘みも可能です。

私たちが行った5月上旬は、ポピーや矢車草(たぶん)などが咲いていて、とっても綺麗でした。

いよいよ、うさぎ!

さて、大仏様を堪能したら、いよいよ小動物園へ!

いっぱいいる!!!

うさぎのエサ(野菜)を購入して、至福のうさうさタイム…。

人に慣れていて、二本足で立ち上がって、「エサちょーだいっ」って言ってくるよ(*´∀`*)

うちの夫の膝にさえ乗ってきたっ(*´艸`*)
羨ましい…。

エサが尽きたとわかると、もうお前に用は無いとばかりに、知らんぷり…。

あぁー、可愛い。また行きたい!!

他にも、タイワンリスがいるゾーンもあって、ムササビみたいに飛び回っていました。
「リスに触らないで」と書いてあるのですが、リスのほうが飛んできてうちの夫の腰にしがみついていたので、どうしたら良いかわからずオロオロしましたw

アクセス

JR常磐線「牛久駅」の「東口2番乗り場」からバスに乗って、約20~30分。
「牛久大仏・牛久浄苑」行きまたは「あみプレミアムアウトレット」行きに乗り、「牛久大仏」停留所下車。

LINK牛久大仏

牛久大仏の近隣で遊べるスポット

牛久に行く機会がなかなか無いので調べてみると、近隣に意外と行ってみたいスポットがありました。
電車・バスだと移動しにくいのですが、車で行かれる方は寄って行かれると案外遊べるのではないかと思います。

下記の他に「セイコーマート 牛久市役所前店」にも行きたかったのに、どうやら閉店してしまったようです(;_;)
北海道以外でセイコマに行ける機会は貴重なのでw

あみプレミアム・アウトレット

牛久大仏の近くに「あみプレミアム・アウトレット」があります。

土日祝であれば、牛久大仏からアウトレットまで行けるバスがあるのですが、私が行った日は祝日の合間で、平日でバスがない日でした…。

ここまで来て寄らずに帰れるか!ということで、雨で肌寒い中、気合で歩いて行きました!!
30分弱ぐらいで、やっと到着。

辿り着いて食べた塩ラーメン。沁みる。

アウトレットからの帰りは「荒川沖駅」までのバスがありますが、片道520円の有料。
往復ともに「荒川沖駅」からのバスを利用すれば復路は無料になるらしいです。

あまり便数が無く、平日の帰りは14時半の次が16時という1時間半ペースなので気をつけましょう。
せめて1時間に1回は出してくれたら嬉しい!
バスに乗るために、とても急いで買い物をした記憶があります…。

シャトーカミヤ

帰りに寄りたいと思ったのに、アウトレットからの帰りのバスで牛久駅ではなく荒川沖駅に連れて行かれてしまったので、寄れなかったのです…。
でもお天気も悪かったし、いつか行ってみたい。

牛久で作ったビールが飲めるし、庭園がステキそうなので、ぜひお天気が良い日に!

「牛久駅」下車東口から徒歩約8分。

LINKシャトーカミヤ公式サイト

こもれび森のイバライド(旧:ポティロンの森)

お子様向けの施設だと思いますが、ここにもうさぎがいるんです!!
アルパカもいるし、ふくろうもいる!!
ゴーカートもボートもある!

こういう、地方のテーマパークみたいなところ大好きなので行きたかったのですが、いかんせん電車&バス組には大仏やアウトレットから移動する方法がない…。

牛久駅から無料送迎バスがあるので、直接イバライドを目指して行くことは出来ますが、色々寄ろうと思うと車じゃないと難しいですね~。

LINKこもれび森のイバライド
※PCだと勝手に動画が再生されて音が鳴るので注意。

近くに日帰り温泉施設もあるので、1日遊べるなぁ…。
LINK湯ったり館|龍ケ崎市農業公園 豊作村 ほうさくむら

-日帰り旅

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.