日帰り旅

羽田空港国際線ターミナルは半日遊べるデートスポット!プラネタリウムカフェもあるよ

投稿日:

飛行機やら新幹線やら、乗り物が好きな友人がいます。

彼女が「誕生日に飛行機が見たい」というので、寒くてまったく気乗りがしませんでしたが、女三人で行ってまいりました。

飛行機に乗らない時に空港に行くのは、初めて。

「なんで飛行機に乗る予定もないのに空港に行かないといけないんや…」と思っていましたが、案外楽しくて雰囲気が良いので、デートに行ってみるのも良いのかも~と思いました。

空港内もライトアップ

到着してすぐに、出発ロビーで集合。

早速、天井がプロジェクションマッピングで竹が照らされていて、綺麗だー!

ちょっと人が多いので、ザワザワしてますけどね~。

年末だったので、至るところにお正月の飾りがしてありました。

通路の木もライトアップされています。

展望台から見る飛行機は綺麗

いよいよ、展望台。

展望台の手前に、フライトシミュレータもありました。有料。

空港内はコートを着ているのが暑いぐらいだけど、展望台は外なので当然、超寒いです!!!
でも、綺麗ー!

東京タワーとかスカイツリーも見えます。
「あのビルどの辺かな?」「新小岩じゃない?(※適当)」などと話しながら、テンションが上がります。

飛行機の夜景を見ながら語り合えるスポットもあって、とてもムードが良い。
でも、冬はちょっと長くはいられないね…。

カフェもあるのだけど、外が見える席は少ない。
ここで暖かい飲み物を買って、展望台で肩を寄せ合うのも良いかも。

友人達は小一時間、飛行機を見ていたが、私は10分ぐらいで早々に室内に引き上げてしまった…寒い…。
(寒さで二人共コートのフードをかぶっているw)

空港内で働いている車の説明なんかもあって、楽しいのだけど…寒い(寒いしか言ってない)

雰囲気満点!プラネタリウムカフェ「Starry Cafe」

事前に羽田空港のサイトを見ていたら、プラネタリウムが見られるカフェがあるらしい!と発見したので、行ってみました。

ここはプロントが経営するカフェで、手前は通常のカフェスペース、奥の小部屋にプラネタリウムがあります。

カフェタイム(11時~17時)とバータイム(17時半~23時)があり、夜はお酒を飲みながらプラネタリウムが見られます。

料金は、入場料520円(小学生以下310円)+ワンドリンクオーダー。

中に入ってみると、円形の部屋の中央にプラネタリウムの映写機が置いてあり、円形の壁に沿って座席がありました。

薄暗い、というか、暗い。

席に案内されると、店員さんがオーダーの仕方やプログラムについて説明してくれます。
暗いので、メニューを見る時はペンライトを使って見るのですが、ペンライトは必ず下向きにしないと店員さんに怒られますw

各テーブルの上に、ロウソク型のライトがあって、部屋の中の灯りはそれだけ。

すごく…ムードがあります…!!!

プラネタリウムのプログラムも机の上に置いてあります。

時々、15分のプログラムがあり、その間はドアを閉めて上映するので、店を出ることや、オーダーは出来ません。

タイミングによっては、注文したものが運ばれてくるのが上映が終わった後になることもあるので、お気をつけて。

あと、トイレは店外なので、トイレに行っている間に15分番組が始まってしまうと、終わるまで中に戻れません。

それ以外の時間は3分などのショートプログラムが流れていて、入り口のドアが開いたままなので、自由に出入りや注文が出来ます。

天井が円形になっていて、そこにプラネタリウムが映し出されるのですが、椅子の背が上を向けるようになっているわけではないので、ちゃんと星を見ようとすると、ちょっと首が痛い。

私達が行った時は、リラックマの番組があったり、ショートプログラムでぬいぐるみが旅するアニメ的なものが流れていたりと、ファミリー層に向けたプログラムもあってご家族連れもいたのですが、やっぱりここはカップルで行くのが良いのではないかと…!

暗がりで、テーブルの下でこっそり手を繋いだりしてみてぇなぁと思った。あと20年若ければ。

とは言え、女三人の私達。
お隣の席は女性が一人。
隣の隣の席は男性三人組。

と、色んなお客さんがいたので、行きたい人と行ってみてください。

「江戸小路」でお土産と食事

4階にある「江戸小路」は、お土産や和風小物を扱うお店が並んでいます。

全国のお土産も売っていて、ロイズのチョコや、生八ツ橋、武将の兜が3Dで飛び出る雷おこし(お煎餅だったかも)を買おうか悩んだりしながらうろうろ。

友人は帰省のお土産に、羽田空港限定デザインの「とらや」の羊羹を買っていました。
箱に飛行機が描いてあって可愛い。

レストランは色々あるけど、飛行機が見られるお店が無いのが残念。

私たちは「江戸前横丁」の一番奥にある「すぎのこ」という居酒屋でごはんにしました。

「江戸小路」は小さいお店が多く、落ち着いて座れるようなお店があまり無いのですが、ここは奥の方に小上がり席が3席だけあるので、ちょっとゆっくり飲みたい方には狙い目。
四人席なので、二人では難しいかもしれないですが…。

江戸っぽい雰囲気に影響されたのか、穴子を食べたくなってしまった。美味しい。

天丼セット。
天丼はあるのに、何故か天ぷら単品がメニューに無くて残念。

和風のソースがかかったローストビーフ。

意外と半日遊べるスポット

最終的には色気より食い気、みたいな感じで終わってしまいましたが、地方のお土産を見たりお店を見たりするのも楽しかった!

プラネタリウムカフェのフロアには、キティちゃんなどのキャラクターショップや、博品館、ドンキホーテまであります。

私はその前の日にオプティフリーが無くなってしまったので、慌ててドンキで買えて、良かった…。
街中のお店より高いんだろうけど、急を要していたので。

「(液体なので)機内持ち込み出来ませんが、よろしいですか?」と聞かれたりして、旅立つ前のような気分も味わえました(*^^*)

海外の人向け商品も多いので、本屋さんなんかも変わった本(サムライ辞典みたいなのとか)があって、見ているだけでも楽しいです。

帰りはモノレールだったら、車中からも景色が見えて良いかもですね。

泊まりたくなった方々は、京急で蒲田あたりまで行けば泊まれるところはありますので、良かったらドウゾー(余計なお世話)

-日帰り旅

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.