ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

乗り物

バスが嫌いだけど、成田第3ターミナルから「THEアクセス成田」で1000円で帰ってきた

投稿日:2015年7月22日 更新日:

こんばんわ、紺です!
先日、沖縄へ行ってまいりました。

平日に休みを取ってつなげたものの、帰りは3連休の最中。
帰りの飛行機がクソ高いので、バニラエアで那覇から成田へ帰ってきました。

成田空港から自宅へ帰るまでが、また、更に旅・・・という距離。

でも、ここで成田で泊まったりしたら安い飛行機にした意味が無い!
帰りも安く帰るのだ!ということで、大嫌いなバスに乗って、東京駅まで帰ってきてみました。

terminal_3rd_out

「THEアクセス成田」とは?

主に、成田空港~東京駅・銀座駅間を走るバスのことです。
料金は1000円と安く、事前予約やチケットが不要なので利用しやすい。

また、大きな特徴として成田空港第3ターミナルに乗り場があり、直接行き来出来ることが挙げられます。
第3ターミナルには電車の駅がないので、電車を利用する場合は徒歩かバスで第2ターミナルまでの移動が必要になってしまいます。

成田空港第3ターミナルと言えば、LCC専用ターミナル。
貧乏でお金がない賢い旅人が多く利用するため、格安バスは便利で嬉しいものです!

バスのりばへの道

今回、私が利用したバニラエアは、成田着がほぼ定刻で21時半でした。
初めての第3ターミナル!噂通り配管むき出しである。

terminal_3rd

到着後、トイレ行ったりお茶飲んだりして、バス乗り場に到着したのは22時頃。
到着口から何処にも寄らずにそのまま歩けば、10分~15分ぐらいで到着できるかと思います。

途中、バスのチケット売り場がありますが、「THEアクセス成田」を利用する場合はここを通り過ぎましょう。
事前にチケットを買う必要はありません。

バスは予約なしでもすぐ乗れるのか?

時間的にちょうど良い帰りの電車が無く、思いつきでバスで帰ることにしたので、何の予約もしていませんでした。

22時頃、「THEアクセス成田」のバスのりば2番に到着。

22:05発のバスがちょうど乗り場に到着していましたが、既に係員さんが「満席ですー」と言っており、次の便に並んでいる人が20人ぐらいいました。

次の便は22:25。
「並んだら、座れますか?」と聞くと「今ぐらいなら大丈夫です。列が3番乗り場まで行って折り返したぐらいから、その次の便になるかもしれません」とのことでしたので、並ぶことに。

ちなみに、乗り場のすぐそばに待合室があって、トイレも有ります。
私はめちゃくちゃ乗り物酔いが激しい&乗り物に乗ると尿意を催す人間なので、待っている間にここで最後のトイレに行きました・・・。誰もいなくて空いていました。

lounge

ほどなくして、バスが到着。
私は小さいカートを持っていたのですが、カートはバスの荷物入れで預かってくれました。

そして、無事に乗車し、座ることが出来ました!

成田空港~東京駅まで、1000円ポッキリ

料金は、バスに乗るときに直接運転手さんに支払います。
本当に1000円札一枚、渡すだけです。簡単で良いですよね。

bus01

トイレ付き!という謳い文句・・・だが!?

私は前述のとおりトイレがめちゃ近い人間のため、乗り場にいた係員さんに聞きました。
「次のバス、トイレ付いていますか?」と。

以前、「THEアクセス成田」を利用しようか考えて調べたことがあって、そのときサイトに「トイレ付き!ただし、一部無い場合もあるよ」と書いてあったのを見ていたので、それがすごーく気になっていたのです!
正直、この次の便に付いてないと言われたら、更にその後を待っても良いとすら思っていました。

係員さんの回答は「付いてますよ!大丈夫です!」と明快。
安心して、乗ることに決めたのです・・・。

そして乗車してみると、ちゃんと最後部に個室がある。
良かったわぁ、これで安心だわぁと思いながら個室の前の席に陣取ると、

「トイレ使えないじゃん」

と、絶望的なことを言うやつがいるではありませんか。

何を言っているんだお前は・・・と思いつつ、指差す方を見ると、

warning

「故障中のため使えません」と2枚も貼ってある。

※後から乗ってきた方がいて慌てて撮ったので、写真がわかりづらくて申し訳ない。

確かにトイレは付いていた・・・
でも使えないなら意味ないじゃん・・・!!!

若干の不安と、騙された感で冷や汗を流す私をよそに、バスは出発するのでありました。
ちなみに、この便も「満席です」とアナウンスされていました。

バスの中

これも降りるときに、慌てて撮ったのでわかりづらくてすみません。
昔、遠足で乗ったような感じのバスです。
座席は、バニラエアよりは広いかな・・・。
満席でしたが、補助席は使われていませんでした。

bus02

複数のバス会社で運営されているようなので、必ずしもこの感じとは限らないと思いますが、ご参考までに。

バスの中は、エアコンの効きが悪く、やや暑い・・・。
お陰で眠気を誘われて、助かりました。
高速に乗った後は、窓の外の風景も暗くて変わらないので、私のようにバスが苦手な人間は、酔い止めでも飲んで寝るのが最良です。

東京駅到着と所要時間

私が乗った便の予定時間は、22:25成田空港発、23:45東京駅着の予定。

実際の到着時に撮った写真を見ると、23:36となっていました!
定刻より約10分早かったようです!
夜で、道が混んでいなかったのかもしれませんね。
昼間は道路の混雑に左右されそうで少し怖いですが、帰りや夜に使う分には、良いかもしれません。

そしてバスは、東京駅は八重洲中央口で私たちを下ろし、続けて銀座で降りるお客さんを10人位載せて、走り去るのでした・・・。

bus03

類似のバスに注意

「THEアクセス成田」は、バスのりば2番からの発車です。

1番は「東京シャトル(京成バス)」で、3番はリムジンバス。

東京シャトルとTHEアクセス成田は、東京駅まで行けるのと、値段が1000円ということでほぼサービスは一緒。
ただし、東京シャトルは元々トイレがないのと、事前予約すれば900円になります。

どちらも20分間隔で運行しているのですが、お互い10分ズレで発車しているようなので、どっちでも良いやと思いました。
が・・・、その日偶々そうだったんだと思いますが、京成の係員の方が、何を聞いても会話にならない人でしたので、私と夫が同時にブチ切れて「乗らない」と即決。

3番のリムジンバスは、見るからに快適そうでトイレも付いておりましたが、東京駅までのお値段が、3000円。3倍です!
第3ターミナルを利用するのは、LCCに乗ってきた人ばかりですもの。
高級バスに乗る人はいないよね・・・と思ったら、3人ぐらい乗っていたので、びっくりしました~w

結論

ということで、おっかなびっくり利用したバスでしたが、案外快適だった!という印象です。
でも、サイトでもトイレ付きを大きく書いているんだから、ちゃんとして欲しいな・・・。

電車で、京成スカイライナーや成田エクスプレスを利用するよりもずっと安いですし、東京駅で降りられるのもその後の乗り換えがラクなので、便利だと思います。

本音を言えば、羽田空港に発着する飛行機に乗りたいですがww
また、LCCを利用するときは、バスを利用するかも!

関連記事私が思う、格安で国内旅行をするための5つの秘訣!

関連記事バニラエアの機内持ち込み手荷物検査が本当に厳しくなっていた

-乗り物

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.