生活、結婚

更新月なので、So-netから@nifty光コラボに乗り換えてみました!キャッシュバックが嬉しい!

投稿日:

先日、スマホをauから楽天モバイルに乗り換えました。

auを使っていると、So-net光コラボ(現在の「So-net 光」)の月額料金が割引になる「auセット割」が適用になるのですが、解約したことでこれが適用外になりました。

それなら、そのままSo-netを使い続ける理由も無いなぁと思っったので、思い切って光回線も乗り換えることにしました!

最近は「コラボ」という名称をコース名に付けないよう変更されていますが、以前はISPと光回線が一括セットになっているコースを「光コラボ」と呼んでいました。
この記事では、区別のため敢えて「コラボ」という書き方をしています。

光コラボ同士の乗り換えは「新規」扱いになる

ISPのページなどを見ていると、光回線を利用中の人向けに「新規」と「乗り換え(転用)」のメニューが出てくるのですが、いま、他社で光コラボを使っている人向けの案内はあんまり無かったので、どっちになるの??と迷いました。

他社で光コラボを使っている人が、他社光コラボに変更する場合は「新規」扱いになります。

使っている方の感覚としては、「同じ光コラボ同士の乗り換え」みたいな感じですが、光コラボの場合は、「ISPと光回線がセット」という扱いなので、旧ISPの解約と新ISPの新規申し込み、という手続きになります。

つまり、回線撤去と開通工事がもう一度必要になるので、上手くやらないと「接続できない期間」が発生します。

新規用のキャンペーンが適用になる!

新規の何が嬉しいって、新規用のキャンペーンが適用になることです!

私は@niftyの既存会員で、過去にADSLでもフレッツ光回線でもキャンペーンが適用になったことがありますが、「光コラボ」を申し込むのは初めてなので、新規回線開通のキャンペーンが適用になりました。

新規と言っても、ISPに新規入会する必要は無く、IDを持っていればそのまま利用できます。

私が申し込んだ時は、光コラボと「@niftyでんき」をセットで申し込むとお得になるキャッシュバックキャンペーンをやっていました。

今まで東京電力で使っていたので、とりあえず、ついでにセットで申し込んでみました。

合計4万8千円のキャッシュバック、さらに月額料金から830円の割引が適用になります。


ただし!新規ということは、回線の工事費もかかります。

今回は、元々家の壁にある設備に線を引いてくるだけの簡単な工事なはずですが、それでも月500円×30回分割払いで総額15,000円。

まぁ、それを相殺するためのキャッシュバックだと思えば仕方ないかな…。


解約するISPで、違約金が発生しない月をチェック!

So-netにはもう1つ「So-net 長割for So-net 光」という月額料金割引がありました。

30ヶ月継続利用することを条件に、毎月500円割引になる制度ですが、契約更新期間に解約しないと、解約金が発生します。

解約金は「7,500円」とバカにならないので、契約更新期間中に解約手続きをする必要があります。

スマホなどの割引と同じで、解約する期間に気をつけないと、損をしてしまいます。

解約する前に、必ず違約金が発生する期間かどうかを確認しましょう!

接続できない期間を短くしたい場合は、自分で工事日を交渉!

私はインターネット中毒なので、ネットに接続できない期間が長いとツライです…!

光コラボの場合は、先述の通り「解約、新規」の手続きになるので、回線も「撤去と開通」の工事が必要です。

この2つの工事日を出来るだけ間を空けないように出来れば、接続できない期間を短くすることが可能です。

が、光コラボはあくまで私が勝手に他社をやめて他社で新規申込みをするだけなので、その辺はISPでは調整をしてくれません。

実際に家に工事に来る人は、同じNTT関連の工事会社さんなので、なんとかしてくれよぉぉと思いますが、何もしてくれません。
(作業明細書をもらいましたが、実際に撤去も開通も、同じ会社の別の担当者が家に来ました)

工事日の調整は、それぞれのISPの担当さんと自分で交渉して、工事日を決めます。

新規申し込みをした@niftyからは、申込み後に「@niftyひかり受付センター」から日程調整の電話がかかってきます。

解約をするSo-netからは、回線撤去派遣をお願いしたので「So-net光コラボレーション受付センター」から日程調整の電話がかかってきます。

※環境によっては、回線撤去は光回線の機器を自分で外して返却するだけで良い場合もあります。

例えば、@niftyから「開通工事が10日に出来ます」と言われても、So-netから「撤去工事に行けるのが12日です」と言われてしまったら、再度@niftyに連絡をして、開通工事を13日以降に変更してもらう必要があります。
撤去が終わっていないと、開通は出来ませんからね…。

この板挟み感が、ちょっとめんどくさいです。

工事を依頼するルートが違うのだろう、とか大人の事情的なやつなのだとは思いますが、新規で申し込みをしたISPさんがまとめて調整してくれたら嬉しいのにな、と思います。

同じ会社の人が来るのだから、実際は同日工事だって出来る筈ですよね。

と、少々面倒くさいですが、うちの場合は撤去の翌日に開通工事をしてもらうことが出来ましたので、上手く調整してみてくださいね。

解約と回線撤去工事が月をまたいだ場合の料金はどうなる?それまで接続できる?

さて、私は「So-net 長割for So-net 光」の契約更新期間が2018年8月までだったので、

  • 2018年8月でSo-net 光コラボのコースを解約
  • 2018年9月からはSo-netの「モバイルコース」にコース変更

という手続きをしました。
とにかく8月中にコースの解約をしないと、違約金がかかってしまうので!

私はSo-netのメールアドレスを残したかったのでコース変更をしましたが、不要な方はSo-netごと退会手続きをすることになります。

ところが、工事日の調整をしたところ、回線撤去と開通工事が2018年9月上旬で、月をまたぐことになってしまいました。

この場合の、「月額料金は9月までかかるのか?」と、「いつまで前ISPの光回線に接続できるの?」という点について、このような結果になりました。

  • 2018年8月まではSo-net 光コラボの月額料金
  • 2018年9月からはモバイルコースの月額料金
  • 接続は9月上旬の回線撤去日まで出来た

9月からモバイルコースに切り替えになったら、コースが違うから光回線に接続できないのでは?と思って心配だったのですが、接続出来ました。

ただし、「回線撤去日まで光回線の接続が切れなければ、そのまま接続ができる」という状態です。

9月になってから接続が切れて、光回線に再接続しようとしても(多分)出来ません。
月額200円のモバイルコースで光回線を使える仕様になっていない筈ですし、料金的にもISPは困りますよね。

私も、実際試したわけではないので「多分」になっちゃうのですが、今のところは、そういう仕様だと思われます。

容赦なく、8月末で向こうからブチって切られたりしなくて良かった…w

一番安心で最高なのは、早めに申し込んで月末に回線撤去、翌月1日に開通工事が出来ることですね!

工事日調整の電話がかかってくるのは、申し込んでから3日後ぐらい。

それから空いている工事日を探してもらうことになるので、申し込んでから最短でも約2週間位はかかります。

更新月ごとにISP乗り換えがお得かも

次回は、@nifty光の更新月が「2020年10月」なので、忘れないよう早めに次を考えておこうと思います。

更新月は契約内容一覧のページで確認出来ます。


ちなみに解除手数料は、9,500円(税抜)とSo-netより高いですね…。

今まではなんとなく、引っ越さない限りは同じ光回線を使い続けていました。

でも、光コラボではISP側で「更新月」を設けていることがほとんどなので、ある意味、更新月は乗り換えるチャンスというか、切っ掛けが出来たなぁと思っています。

光回線の月額料金は、大体の大手ISPは料金が大体同じぐらいなので、スマホと同じように、更新月ごとに乗り換えてキャッシュバックを貰って、月額割引のキャンペーンが適用になるのがお得に使える方法かなと思いました!

今回、1つだけしくじっってしまったのは、「@niftyまかせて365」というサポートサービスが開通月を含めて3ヶ月間無料だったのですが、解約するのを忘れていて12月分の料金が発生してしまいました!


1回も電話してないし、無料のPCチェックサービスもリモートサポートが面倒くさくて利用していないですが、当然月単位の課金なのです!

ううぅ、気づいてすぐ解約しましたー!!

要らないオプションサービスは付けないに限りますね、本当に(;_;)

-生活、結婚

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.