ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

沖縄

日帰り利用で1日遊べる♪「かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ」のプール&大展望風呂

投稿日:2016年7月24日 更新日:

こんばんは、紺です。
現実逃避に、楽しかった沖縄旅行のことばかり思い出しています。

3泊4日でしたが、最初の2泊は沖縄本島北部のホテル、3泊目は那覇のホテルに宿泊しました。

3日目は那覇に戻りがてら、海以外でちょっと泳げるようなところは無いかな・・・と考え、以前、宿泊した時にとっても良かった「かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ」のプールに行ってみました!

pool01

1500円でプールと大展望風呂が両方利用できます!

ホテルに宿泊している方は勿論利用は無料ですが、日帰り利用の場合は大人1500円、小学生以上500円です。

プールだけだと少し高いかなぁと思いましたが、大浴場も利用できるというのが良いですね♪
アメニティも揃っているし、ドライヤーも利用できるし、泳いだ後の支度が楽なので、女性には特にオススメです。

ガーデンプールとラグーンパティオ

かりゆしビーチリゾートオーシャンスパは、「ウィングタワー」と「オーシャンタワー」に分かれています。
プールと大浴場もそれぞれのエリアにあるので、ホテル全体としては2箇所ずつあります。

エリアごとに複数の監視スタッフの方がちゃんといて、見回っていました。

浅いところもあるので安心!ガーデンプール

まずは「ウィングタワー」にある、大きなガーデンプール。

pool03

こちらはまるでビーチのように、手前が浅く、奥に行くほど深くなっています。
プールの底の色が薄いところが浅く、濃いところが深い、というように色分けされていますね。
浅いところでお子さんが遊ぶこともできるので安心です。
よく日が当たるプールなので、浅いところはかなり水が温まっておりましたw

さらに、プールサイドにはビニールプールまであったので、プールはまだ、ちょっと大きくて怖いな・・・というお子さんも遊べそうです♪

このプール、せっかく海型なので、波が出たりしたらもっと楽しいのにな~。

プールサイドに更衣室(有料ロッカーあり)と、シャワー、トイレがあります。
もちろん、浮輪等も持ち込み可能で、プールサイドにエアーコンプレッサ(浮き輪を膨らませる機械)もありました。

プールサイドにデッキ・チェアもあるのですが、パラソルが立っていなくて・・・
あまりにも日を遮るものが無さ過ぎて、ちょっと横になる勇気がありませんでした(*_*;

リゾート感たっぷり♪「ラグーンパティオ」

「オーシャンタワー」の建物の中庭にある、ラグーンパティオ。
建物に囲まれているので、日陰になってるかな?と思いましたが、そんなことはなく燦々と太陽が降り注いでおりました。

pool04

私、勘違いしていたのですが、この全体が泳げるところかと思ったら、周りにあるのは池?で、遊泳できませんと書いてありましたw
奥に滝もあるのですが、そこも泳げない場所でした・・・。

泳げるのは、真ん中にシーサーがいる、不思議な形をした小さな部分だけでした。

プールサイドにはジャグジーや、椅子とテーブルのある東屋や、雰囲気の良い屋根付きデッキ・チェアもあって、リゾート感たっぷりの、どちらかと言えば大人向けエリアです!

ちなみにプールサイドにサウナもありました。
7月の沖縄でサウナに入ったら、ぶっ倒れるのではと思うぐらい外が暑いので、夏は利用する人がいなそう・・・w

室内プールもあります

今回は利用しませんでしたが、室内プールもあります。
こちらは普通の25メートルプールなので、リゾートの雰囲気は無いですが、ガチで泳ぎたい方や、外は日射しが強すぎる~という方におすすめです。

室内プールの横(屋外)にも、2つのジャグジー(ジェットバス)があります。

大展望風呂「森の湯」と「海の湯」

お風呂も「ウィングタワー」と「オーシャンタワー」に1つずつ、2箇所あります。

また、両方のお風呂に、マッサージに使える沖縄の塩(まーす)があるのも特徴。
効果は・・・よく読まなかったけど、お肌に良いのだったかな?

以前、姪っ子(当時5歳)と行ったときは、彼女はお風呂に入らずにずーっと、お塩で遊んでいましたw

「森の湯」

「ウィングタワー」にある「森の湯」は、内湯と、森の中で入浴している雰囲気が味わえる(ような気がする)露天風呂があります。
露天はジャグジーと、アロエ入りの2種類の浴槽があります。

脱衣所は少し小さめですが、内湯は広くて洗い場も多いので、ゆったり入れます。

露天風呂の周りにも洗い場があって、以前来た時は冬でしたのでさすがに寒くて「ここで身体を洗うの!?」と思ったのですが、夏なら全然洗える気温でしたw
さすが沖縄!

「海の湯」

「海の湯」はその名の通り、内湯から窓越しに海が見えます。
ただ、ホテル自体がオンザビーチではなく、お風呂も露天ではないので、目の前が海!というほどではなく、窓から遠目に眺めるという感じです。

こちらの方が新しいようで、脱衣所も綺麗です。

昼食

残念ながら、水着で入れるレストランや、プールサイドに売店などはありませんでした。
ホテル1階のおみやげ&コンビニのショップを見てみましたが、カップラーメンぐらいしか無く・・・。

ロビーをウロウロしていると、1階の「バーラウンジタイラ」の入口で軽食を売っているのを発見!
沖縄素材を使ったサラダや、おにぎり、サンドイッチなどが売っていました!良かった~

food

ラグーンパティオの屋根があるデッキ・チェアでかつサンドとトルティーヤを食べて、お昼寝しました♪

私、沖縄に昼寝しに行ってる感あるな・・・。

時間があれば1日たっぷり遊べます♪

私たちはその日のうちに那覇まで戻って車を返さなくてはいけなかったので、プールで泳いで、お昼を食べて、「森の湯」でお風呂に入って、ホテルを後にしました。

時間があれば、ゲームコーナーで遊んだり、ショップを見たり、シーサー絵付け体験をしたり、もう1箇所の「海の湯」も入ったり・・・と、色々と楽しめるホテルです。

また、ホテルから「かりゆしビーチ」まで無料の送迎バスもあるので、ビーチを利用することも出来ます。
「かりゆしビーチ」には、レストランや沖縄そば屋さん(と、ローソン)もあるので、お昼を食べに行ってみるのも良かったかも~。

建物は少々年季が入っていますが、大きくて楽しいですし、接客も良いホテルなので、私はお気に入りです(*´▽`*)

レストランも美味しくて、宿泊もおすすめですよー!

-沖縄

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.