ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

北海道 国内旅行

3回目のリピート♪ニセコに行くならホテル甘露の森がおすすめ!温泉とお料理が最高です!

投稿日:2016年1月5日 更新日:

北海道大好き、紺です。

ニセコは春夏は緑が、秋は紅葉が、冬はスキーが楽しめるリゾート地です。
以前、札幌にいたときに、妹がスノボがしたい!というので訪れたのが初めてでした。

それから2度、夫を連れて行ったので、私は都合3回宿泊しています。
我々夫婦はウィンタースポーツやラフティングなどをしないので、ほとんど「甘露の森に行くためだけにニセコに行く」というぐらいお気に入りの宿です!

なんせ温泉とお料理が良いのです(*´o`*)!!

森のなかの露天風呂!

森のなかの露天風呂!

エントランス

甘露の森は、赤と黒を基調にしてロビーや入り口がデザインされています。
秋に行くと、ニセコの街中がハロウィンかぼちゃがたくさん飾られていて、ホテルの入り口にも。

02

この入り口の横にあるベンチで、彼(?)と写真を撮るのが恒例になっています(*^^*)
01

お部屋

今回はジュニアツインルームでした。
窓は中庭に面していて、ツインベッドと奥にソファがあります。

前回、夫と行ったときは和洋室にグレードアップしていただいたのですが、二人では勿体無くて落ち着かないぐらい広かったので、一番小さいお部屋ですが、充分でした。

03

甘露水を、ぜひご賞味ください!

お部屋の冷蔵庫には美味しい「甘露水」が用意されています。
近くに湧き出ている自然湧水を「甘露水」と呼ぶのですが、その由来は昭和天皇が召し上がった時に「甘露である」と仰ったからだとか。

やわらかくてとっても美味しいお水なので、そのまま飲むのももちろん良いのですが、お部屋で焼酎を割って飲むと最高なのです!w

10

温泉

大浴場は2種類あって、夜間に男女入れ替えがあります。
どちらも、内湯と露天がつながっているので、動線も良いです。

ただ、奥の大浴場(22時~朝に女性用になる方)は、脱衣所から湯船まで階段を降りていくので、足が悪い方などは注意が必要かもしれません。

「森の天空露天風呂」(11時~22時が女性用)は内湯も露天も素晴らしいです(*´o`*)

季節を問わず、ぜひとも明るいうちに(もしくは朝に)入るのがオススメです!
内湯も一面ガラス張りになっているので、開放感があって最高!
外の景色が目の前に広がって、まさに森の中で湯船に浸かっているかのよう。

こちらが手前の大浴場&露天の入り口。
女性用の時間帯ですね。

04

もう1つの、奥の大浴場は今までは露天風呂が小さいのが難点でしたが、最近リニューアルしてめちゃくちゃステキになったようです!!
また行かなくては・・・(*´д`*)

ちなみに、チェックインからチェックアウトまで、男女交代の時間を除いて、夜中も温泉は利用できます。

夜間は奥の大浴場が女性用になるので、何か少し怖いなぁと毎回思うのですが(セキュリティ的な意味で)、夜中に入る人はほとんどいないので、一人で貸切状態が楽しめます。

夕食

レストランも2015年春にリニューアルされ、以前はフルコース料理でしたが、今回からハーフブッフェに変わりました。
これがまた、すっごーく良かったのです!(前も良かったのですけど!)

私たちが行った日のメニュー

メインの3品は決まっていて、それ以外はブッフェテーブルまで好きなものを好きなだけ、取りに行くことが出来ます。
嬉しすぎる(*´o`*)!

  • お造り盛り合わせ
    利尻産生雲丹、噴火湾沖平目、炙り秋刀魚など
  • 肉料理(国産牛鉄板焼き)または魚料理(鰈の香草焼き)
    こちらは、当日選択できます。
  • 陶板料理(甘露豆腐と野菜のすき煮)
  • ブッフェ料理
    前菜、サラダ、ご飯、季節のお料理、デザート

メインの料理

お造り盛り合わせ

盛り付けがお洒落過ぎて、写真を撮るのが難しかった・・・w

13

お肉、お魚

私はお肉(国産牛鉄板焼き)、夫は魚(鰈の香草焼き)を選びました。
美味しかったあぁ・・・
お上品な量なので、他のものも色々食べられそうです♪

05

06

陶板料理

こちらは甘露豆腐と野菜のすき煮。
甘露水を使って作られたお豆腐を、すき焼きのように卵をつけていただきます。
これは結構ボリュームがあるので、私は控えめに(^_^;)

09

ブッフェコーナー

人がいない時を狙って慌てて撮ったので、下手くそで見にくいですが写真を載せておきますね~(*_*;

前菜コーナー

ズワイガニもあります♪左はニセコの野菜。
写っていませんが、前菜だけでも、生ハムやサーモン、豚しゃぶや明太子とろろなど、美味しいものがたくさんありました(*´o`*)

07

季節のお料理コーナー

若鶏のオーブン焼き、煮込みジンギスカン、天ぷらなどなど。

08

ご飯コーナー

ご飯だけでも、3種類もある!
ゆめぴりか、うなぎまぶしごはん、ななつぼし。
小さい字でプレートに書いてあるのですが、すべてニセコのお米だそうです。

11

うちの夫が、うなぎまぶしごはんを使って、ひつまぶしを作っていた・・・!
お出汁や薬味も用意されていて、ごはんそのままでも良し、出汁茶漬けにしても良しで楽しめるようになっています♪

12

デザートコーナー

待望のデザート(*´o`*)!!

甘露の森といえば「クリームブリュレ」が名物で、以前いただいた時もめっちゃくちゃ美味しかったのです。
でも、ブッフェに変わったので、無くなってしまったのでは・・・?と心配でしたが、無事、ありましたー!!

14

変わらぬ美味しさで、嬉しい・・・。
2個食べました。もっと食べたかった・・・

16

プチケーキもあって、全種類食べられるサイズで嬉しい(*´o`*)!

15

その他、紅茶やコーヒー、お茶などもドリンクコーナーに用意されていました。
お酒だけはテーブルでオーダーです。

ボリュームもあって、デザートも豊富で、色々選べて楽しい!
リニューアル後は、尚更大満足の夕食になりました!!

きっと男性にも女性にも、お子さんにも満足していただけると思います(*^^*)

朝食

朝食もほんとに美味しくて、ついつい食べ過ぎます。
こちらもバイキングスタイルです。

欲張りな私のお皿、見てくださいww
パンも食べたいし、ごはんも食べたいのーっっ!という、朝から食欲に満ち溢れております。

17

チョコが入ったパンがめちゃくちゃ美味しいのです。
それに、倶知安の納豆と言われたら、食べないわけにはいかないじゃないですか・・・。

そして、朝食のデザートはこちらも名物「シフォンケーキ」。
これもう、本当にフワフワふかふかで、食べると幸せな気持ちになれること間違いなしです!

18

朝から目一杯食べてしまうので、大体、甘露の森に泊まった日は、昼食が要らない(食べられない)ぐらいになりますw

チェックアウト後は・・・

冬でしたら、ホテルからゲレンデまでの送迎バスがありますので、ウィンタースポーツをされる方にも便利なホテルです。

私たちは秋でしたので、ホテルの周りを散策して、甘露水が湧き出る公園まで見に行ったり、ニセコミルク工房でアイスを食べたり。

19

羊蹄山をバックに牧草ロールに乗って写真を撮ったりして、遊びました★
めちゃびびってる、私ですww

20

この後、洞爺湖で宿泊したのですが、そちらもとっても良くて、本当に良い旅行でございました・・・。
また行きたいぜ、北海道(*´o`*)!!

関連記事露天風呂が最高!ホテル「洞爺サンパレス リゾート&スパ」がクチコミ以上に良かったのでおすすめ♪

-北海道, 国内旅行
-

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.