鹿児島・奄美大島

奄美大島での海水浴、レンタル品が充実しているビーチは用安海岸!ばしゃ山村前のビーチ

投稿日:2019年7月12日 更新日:

奄美大島には海の家が無い?!

夏の奄美大島に行くなら、せっかくの綺麗な海で海水浴やシュノーケリングをしたいですよね!

ところが、奄美大島に行く前に調べたところ、ビーチには「海の家」というものが、ほぼ存在しません。

観光地化されていないところが、奄美大島の良さでもあり、綺麗な海を守る秘訣でもあります。

トイレやシャワーがあるビーチは多いのですが、1日過ごすとなると、日除けになるパラソルや昼食が食べられる場所が欲しいですよね。

そこで探したところ、用安海岸(神の子海岸)なら、レンタル品があり1日過ごせそうでしたので、実際に行ってみました!

ホテルばしゃ山村の前のビーチが用安海岸

空港から車で約10分ほどの場所にある、用安海岸。

約2kmほどの美しい長いビーチが続いています。

用安海岸のビーチサイドに、ホテルばしゃ山村がありますが、ホテルの宿泊者以外でも自由に利用できるビーチです。

距離が長いビーチなので、ばしゃ山村の前あたりが用安海岸、そこからもう少し離れたエリアが神の子海岸という、2つの名前が付いているようです。

海が見えるカフェ「奄美きょら海工房 笠利店」も、ばしゃ山村の隣あたりにあります。

海水浴客も、ホテルばしゃ山村の第二駐車場が利用可能

駐車場は、宿泊者以外は、ホテルばしゃ山村の第二駐車場に停められます。

カーナビに入れる時も、ばしゃ山村を目指して行けばわかりやすいですよ。

駐車料金が無料なのも嬉しい!

駐車場の前に「島人マート」というコンビニがあるので、ここで飲み物などを買うのもおすすめ。

コンビニですがテラス席があるので、ビーチからは少し離れていますが、お昼をここで買って食べることもできますよ。

レンタル用品と軽食は「マリンヴィレッジ奄美」で!

ばしゃ山村のビーチに、「マリンヴィレッジ奄美」というマリンカウンターがあります。

各種マリンアクティビティが楽しめる他、レンタルメニューもありますよ!

レンタルは、パラソル1000円、浮き輪500円~、シュノーケルセット1500円、マリンブーツ500円など。

隣には、軽食やかき氷、ドリンクが販売されているお店があります。

軽食メニューは、枝豆、ポテト、アメリカンドッグ、ピザフリッターなど。
カレーやラーメンがあったら最高だったんだけどなぁ。

がっつり食べたい方には、ばしゃ山村のレストランでのランチがおすすめです。

ここで買ったかき氷や軽食は、ショップの前の東屋で食べることができます。

持ち込みは出来ないし、ここに1日中いることは出来ませんが、海が見えてリゾート感が満喫できますよ♪

ロッカー(更衣室)とシャワーもあります

マリンカウンターに向かって右の方に、シャワールームとロッカールームもあります。

ばしゃ山村のホテルの施設だと思うのですが、宿泊者でなくても自由に使えました。

シャワーは100円で温水シャワーが使えます。

ロッカールームにはコインロッカーがあって、更衣室も兼ねています。

ロッカーは有料ですが、更衣室の利用は無料。海水浴に行く場合で、荷物が多い時やビーチに置いておくのが心配な場合は、こちらのロッカーに入れると良いと思います。

私達は、行きは自分のホテルから水着を着ていったので、帰りだけロッカールームで着替えました。

鏡や荷物を置く台もあって、充分利用できました!

水着で入れる!ばしゃ山村のレストラン「アマネシア」

しっかり食べたい方は、ばしゃ山村のレストラン「アマネシア」での食事がおすすめです。

ランチメニューなどはなく、ホテルのレストランなのでお昼には少々高めですが、海を見ながら食べられますよ♪

ビーチからも入店出来て、店内、テラス席ともに水着で利用可能です。

私達はせっかくなので、テラス席に座りました。

店内にトイレもあり、冷房がめちゃくちゃ効いていて、濡れた水着で入るとものすごい寒いです…w

泳いで体が冷えたこともあり、私は「豚骨うどん(1000円)」をオーダー。

豚骨と鰹節の出汁でとったスープが優しいお味で美味しい!骨付きの豚肉ががっつり入ってボリュームがあります!
沖縄の、ソーキそばのうどんバージョンという感じ。

白いポットは、柚子胡椒が添えられていました。
うどんに柚子胡椒、九州ならではの薬味ですね!大好きなのでうれしい。

こちらは、夫がオーダーした「かさりの鶏飯(1200円)」。

ごはんとスープがおかわり自由で、スープは卓上コンロで温めてくれます。

これが、鶏飯のイメージを覆す美味しさでした!!

前回、奄美大島に来た時に食べた鶏飯は、さっぱり、あっさりしているスープでお茶漬けのようなイメージでした。

こちらのスープは、鶏出汁が濃いめ。スープに脂が浮いているぐらい、こってりめで美味しい!

「かさり」というのは、笠利町というこの辺りの地名です。

奄美大島内でも、お店やエリアによって、同じ鶏飯でも違いがあるんだなぁ~、と驚きです。

他にも、油そーめんなどのご当地メニューや、お子様用メニューもありました。

美味しくて大満足。

テントとマリンシューズがあると、どこのビーチにも行けて便利です!

私達が行った日は、雨が降る前日でギリギリ晴れていたぐらいの天気だったので、泳いでいる方はあんまりいませんでした。

風も強かったので、パラソルを借りている人もいませんでした。倒れてしまいそうな風の強さだったので。

パラソルは借りずに、レストランの前にヤシの木があり、そこから何本かビーチに沿ってヤシの木が生えているので、その木陰に持参したレジャーシートを敷いて、ビーチ用の荷物を置いておきました。

午後になって風が強く寒くなってきたので、1日中は泳げなくて残念…。

ちょっと泳ぐ程度なら、日陰にレジャーシートでも良いと思います。

真夏なら日陰で休む場所が無いと厳しいと思うので、テントがあれば用安海岸だけでなく、レンタル品がない綺麗なビーチにも行けて便利です!

今回は私達は飛行機がLCCで、荷物を預けられない料金プランで、テントを持っていくことが出来なかったのです。

普段、沖縄に行くときは持っていくので、テントがあるとほんとに便利だなぁと痛感しました!

UVカットで、ポップアップ型なら組み立ても簡単で、おすすめです。

また、ビーチは遠浅で綺麗なので、あまり遠くへ行かなくてもお魚が見られましたよ~!

沖に消波堤があって、風が強い日でも波が穏やかなので、お子さん連れの方にもおすすめ。

自然な地形が残っている分、岩場が多かったり、ビーチや海底に石やサンゴのかけらが多いので、マリンシューズも必須アイテム!

レンタルでも500円とあったので、1日だけならレンタルでも良いと思いますが、2日泳ぐなら楽天で1000円程度で買えるので、買っていった方がお得です♪

私が買ったのも1000円ですが、今年で3シーズン目ぐらい活躍しています。

足首を紐で調節できるタイプが、脱ぎ着がしやすくて楽で、おすすめですよー!

-鹿児島・奄美大島

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.