Android

auから楽天モバイルの一番安い「ベーシックプラン」に、ショップ(店舗)で乗り換え!毎月約5千円の節約に!

投稿日:2018年3月1日 更新日:

短い間でしたが、2年経ちましたので、auさんとキッパリお別れすることにしました。

MNPで番号を持っていき、乗り換え先は楽天モバイルです!

ネット上で申し込めば、諸々のキャンペーンが適用になったのですが、訳あって楽天モバイルのショップで店頭申込してきました。

auから楽天モバイルにMNPしました

私は引きこもりなので、ほとんど家でしかスマホを使いません。

通信もWi-Fiがほとんどなので、ギガなんか余りまくっているのに毎月8千円以上支払っていることがバカバカしくなったのと、先日不明点があって電話した時のauのサポートセンターの対応に憤慨したので、サクッと解約することにしました。

行き先は何でも良かったのですが、私は普段から楽天カードを使い、楽天銀行を使い、お買い物マラソンを走る「楽天の女」なので、モバイルも楽天しか無かろう!という一択でした。

通話SIMを契約している間は、貰える楽天ポイントも2倍になるし、良いことだらけです。

端末は、現在持っているXperiaをSIMロック解除して使うという選択肢もありましたが、そろそろ寿命のようなので、端末ごと買い換えることにしました。

端末は「AQUOS sense lite SH-M05」。
2018年2月末時点の一括購入価格は、32,184円(税込)でした。

楽天カードで支払えば分割手数料が無料になるので、24回分割払いで、1,341円(税込)/月になりました。

特に機種にこだわりも無く、「おサイフケータイが使えること」と「防水」であることだけが絶対条件で、これにしました。

2018年4月12日まで、「春のビッグセール」でこの端末も値下がりしています!

通話SIMなら、一括購入価格で「26,784円(税込)」になっているのでお見逃し無く!
(こんなに早く5千円以上安くなるなんて、悲しい…)


楽天で見る【楽天モバイル】販売端末一覧



端末を実際に使ってみた感想の記事はこちら!

auを解約するデメリット

デメリットが1つだけありました。

私は家で「So-net光コラボレーション」の回線を利用していて、「auセット割」が適用になっていたのです。

毎月1200円割引きになっていたので、1年で14400円割引というのは、まぁまぁ高額です。

それでも、そのために高いauの月額料金を支払い続けることを考えると、毎月のスマホ料金が1200円以上安くなればその方がお得なので、躊躇なくauを解約することにしました。

オンラインではなく店頭で申し込んだ理由

最初は、オンラインで申込手続きをするつもりでした。

私のauの契約更新猶予月は2018年1月~2月の間。

2月中にMNPの手続きを終わらせてauを解約しなければ、契約解除料10260円と解約月の月額料金がかかってしまいます。

ところがです。

2月って28日までしか無いじゃないですか…

当たり前なんですけどw

家でMNP手続きをする場合は、このような流れになります。

オンラインで申込

端末とSIMカード到着

楽天モバイル開通受付センターに夜9時までに電話すれば当日開通(その時点でau解約)

※開通受付センターは24時間受付(自動音声対応)ですが、夜9時以降の場合は、翌日開通扱いです。

家にいながら手続きが出来て、電話が使えない時間も短いのが良いですよね。

もし変更前のキャリアを月末ギリギリまで使いたい場合は、楽天の端末とSIMカードが届いた後、すぐ開通手続きをしなければ良いだけなので、早めに申し込んでも問題なかったんですよね。

楽天で見る【楽天モバイル】ご利用の流れ

月末頃に手続きをしようと思っていたので、2月26日にWEBで申込画面を見ていると、最短で指定できる端末到着日が2月28日

ギリギリ間に合うのでは!?と、思いました。

しかし…、申し込めばすぐ届くというわけではありません!

auのMNP予約番号は、オンラインでは発行できません

楽天モバイル申込時に、変更前のキャリアで「MNP予約番号」を取得しておく必要があります。

申込の時点で予約番号の有効期間が10日以上残っていないといけないので、あんまり早く取っても意味が無いと思って油断していました。

ドコモはオンラインで発行出来たので、いつでも出来るや~とのんびりしていたのですが、auは、PCのマイページやスマホから、オンラインでの予約番号の取得が出来ません。

MNP予約番号は、

  1. auショップで発行してもらう
  2. 「MNP予約番号取得窓口:0077-75470(無料)」に電話をして発行してもらう

のどちらかで取得せねばなりません。

電話窓口の営業時間は「9:00~20:00」

時計を見ると、19時45分っ…!!

ギリギリ…間に合うっ…!!!

すぐさま電話して、つらつら説明事項を聞いた後、無事に発行してもらいました。

予約番号を発行した時点で、auの契約に関する諸々の変更(プランなど)が出来なくなるそうです。

運転免許証が無い人は、補助書類が必要

私は通話SIMを申込むので、楽天モバイル申込後に、本人確認書類のアップロードが必要です。

それらの書類が全て揃って本人確認が出来てからの発送なので、その場合は、最短指定日(今回の場合、2月28日)に届くことが見込まれます。

しかし…私は運転免許証を持っていないので、保険証や住基カードなどの他に、補助書類のアップロードが必要なのです。

必要な補助書類

    下記3点のうち、いずれか

  • 公共料金領収書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

公共料金の明細書は毎月ポストに入っていて名義も私ですが、クレジットカード払いなので「領収書」扱いにはなりません。
これは、過去に散々銀行とかで言われてきました…。

届出避難場所~は何なのかわからないし、残されたのは住民票だけ。

住民票を家にいながら今すぐ用意することは無理なので、2月中に端末とSIMが届くという望みが絶たれたのです(;_;)

2月中にMNPを完了させる=auを解約するには、楽天モバイルのショップで手続きをするしか無くなってしまいました。

楽天モバイルをショップで申込むメリット、デメリット

楽天モバイルのショップって、二子玉川ぐらいしか無いのかと思ったら、今は、すっごくたくさん出来てるんですね。

北海道から沖縄まで、全国に約190店舗あります。

メリット1:その日のうちに手続きを終えて、端末を持ち帰れる!

何と言ってもこれです。

私のように契約更新月ギリギリに乗り換えたい人でも、その日中に手続きが完了します。

カウンターでの申込に30分ぐらい。
店頭でも補助書類が必要なのは同じなので、住民票を取ってから行きました。

その後、切り替え手続きに約1時間かかると言われて、番号札を持って外出して、戻ったらSIMと端末を受け取って完了です。

これは、他のキャリアで店頭で機種変する時なんかも同じですよね。

私はMNP予約番号を持って行きましたが、自分で取って行かなくても、店頭で店員さんが取ってくれるそうです。
ただ、自分で取るのと同じようにauに電話するので、待ち時間が発生する可能性があります。

あとは、料金プランの詳細を聞きたいとか、端末を実際に触って決めたいとか言う方は店頭が良いのかもしれません。

メリット2:ショップ申込だけのキャンペーンもある

これは時期によって内容が変わるのですが、私の時は「初月無料」でした。

ネットからだと、乗り換え前のキャリアと楽天モバイルの両方の料金がかかってしまいますが、楽天モバイルの方は無料になるのは嬉しい。

残念ながら、これは2月末までで終わってしまったようですが、端末の料金が安くなるキャンペーンなどを随時行っているようです。

また、「お友達紹介キャンペーン」を利用する場合は、平日に店頭で契約すると被紹介者が貰えるポイントがアップします。

デメリット:店頭手数料がかかる

これ、お店で手続きをしている時に言われて、びっくりしました!!

店頭手数料:2160円かかりました。

楽天モバイルのページを結構隅々まで見ましたが、何処に書いてあるんだろう?!

料金のところに小さく書いてある、「※一部販売店舗(ショップ)においては、お申し込み時に事務手数料をお支払いいただきます。」とあるけど、事務手数料はネットでも店頭でもかかるものだし、何だろう?

これについて、楽天モバイルのチャットで問い合わせたら「店舗での手続料はこちらでは情報が無く、ご案内が出来ない」などと言われてしまいました。

どういうこと?店舗独自で料金を取っているということ…??

いま、楽天モバイルにメールで問い合わせ中です。

「お友達紹介キャンペーン」2000ポイント貰える予定ですが、結局この手数料で相殺されてしまい、非常にがっかりしています…。

ギリギリになった自分が悪いんですけどね(;_;)

ベーシックプラン(月額1250円)の概要

通話もほとんどしない、外での通信もほとんど無い私は、通話SIMの「組み合わせプラン」で一番安い「ベーシックプラン」を契約しました。

月額料金 1250円
通信速度 最大200kbps
国内通話料金※ 10円/30秒(税別)
SMS利用 可能
最低利用期間 12ヶ月
契約解除料 9800円

このプランは、月額料金が安い代わりに、通信速度が遅いのです。

もし使ってみて不満なら途中でプラン変更も出来るので、とりあえずこれで申し込んでみました。

ただし、初月のみ「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(月額850円)」の申込が必須です。
月末までに解約すれば、翌月からはかかりません。

契約を終えてすぐ解約しましたが、せっかくだから、2月中に何か、電話を使っておけば良かったな。

楽天で見る【楽天モバイル】料金プラン一覧

実際に外で利用してみて、ベーシックプランの通信速度はどうだったか?

実際に外に持って行って利用してみました!

「最大200kbps」とは、どんなものなのか?

  • LINE:使える。文字のトーク、スタンプ送信、通話もクリアに可能
  • 電子マネーのチャージ:遅延を感じずにできる
  • Google検索:出来る。ページによるが、検索結果に出たページを表示するまで3分ぐらいかかる
  • Twitter:一応使える。画像は最初の1枚ぐらいしか表示されない
  • 楽天市場:商品の写真が表示されない
  • 刀剣乱舞(ゲーム):1%から画面が進まない

私の主な目的である、LINEでの連絡や、おサイフケータイとしての利用は十分できました。

でも、ゲームできないね、これ\(^o^)/

そりゃそうだぁ…
昔のアナログ回線のインターネットが56kbpsなんだから、それにちょっと毛が生えたぐらいの速度ってことですよね。

画像が、上からすこーしずつ表示される感じ、懐かしいよ…。

スーパーセールが始まった!と楽天を見ようと思っても、こんな感じ。
しばーらく待ったら、1枚ぐらい画像が表示されたかな…。

まぁ、ちょっとした外出なら、家に帰ってからやれば良いか…というレベルなんですが、旅行とか長時間移動がある場合は暇つぶしにはならないなぁ。

ということで、利用が増えそうな月だけは、料金プランを変更してみようかと思っています。

ベーシックプランより上のプラン(3.1GBプラン以上)なら、通信速度はLTEエリアで受信最大500.0Mbpsです。

毎月1回オンラインで変更が可能で、毎月25日までの変更手続きで、翌月1日より新プランが適用されます。

忘れないようにしなくては!

今すぐ、高速通信を使いたい場合は「容量オプションの追加購入」が出来ます

25日までに手続きをすれば翌月からのプラン変更は出来ますが、今すぐ、高速通信を使いたい!という場合は、楽天モバイルの「メンバーズステーション」から、「高速通信容量オプションの追加購入」をすることで、即時に利用することが出来るようになります。

プラン変更を忘れてしまった場合でも安心。

これは、私のような低速の「ベーシックプラン」を使っている人だけでなく、他のプランで容量制限をオーバーして通信制御がかかってしまった人も購入できます。

容量と料金は下記の3種類。

容量 料金(税別)
追加100MBパック 300円
追加500MBパック 550円
追加1GBパック 980円

追加した容量が残っていた場合は、月をまたいで繰り越すことが出来ます。

有効期限は購入翌月から3カ月間なので、どうせなら最初から1GB買ったほうがお得かな。

とは言え、私の場合は月額プランを1つ上の「3.1GBプラン」に変えても、月額1250円→1,600円で、350円の追加で3.1GB使えるようになるので、月額プランを変更したほうがどう考えてもお得ですよね!

「楽天でんわアプリ」使用で、誰でも通話料金が半額に!

プランの通常の通話料金は「20円/30秒」ですが、「楽天でんわアプリ」を使用することで「10円/30秒」になります。

楽天モバイルの場合は、電話回線での通話(ドコモの回線)と、楽天でんわアプリでの通話(楽天コミュニケーションズの回線)の2回線が利用できるようなサービスです。

電話番号はもちろんそのままで、アプリを使うだけ。

IP電話ではありませんが、フリーダイヤルや3桁番号(110番や119番)には発信ができないので、その場合は通常の電話回線で利用します。

ただし、着信は通常の電話回線に来るので、そのまま折り返し発信をしてしまうと「20円/30秒」になってしまうので、注意が必要。

私が一番心配したのは、電話帳はどうなるの?ということ。

楽天でんわ用に、別途登録とか作成しないといけないのかな?と思いましたが、今まで使っていたGoogle電話帳のデータが引き続き使用できるので、発信する時も簡単!


楽天で見る楽天でんわ/楽天モバイル

楽天モバイルを使っている人だけではなく、auとかドコモで契約している方も利用登録をしてアプリを使えば、この料金になります。

ソフトバンクなど家族間無料通話サービスがある場合は、アプリ内の「無料通話リスト」に登録しておくと、その人に発信する時は自分の使っているキャリアからの発信になって、無料通話が適用になる、という気遣いも良いですよね。

ご自身の契約プランで通話料金が「20円/30秒」の方は、利用してみると良いと思います!

「スーパーホーダイプラン」で割引やキャンペーンがあるけど…

「スーパーホーダイプラン」を2年または3年継続契約で申込むと、キャッシュバックが適用になります。

また、私は楽天のダイヤモンド会員なので、1年目の月額料金が500円割引になるキャンペーン中でした。

「スーパーホーダイプラン」は通話が多い方にお得なプランなので、利用量によってはこちらの方が良いと思います。

「スーパーホーダイ プランS」に申込んだ場合

  • 1年目は月額1480円
  • 2年目から月額2980円
  • 2年継続申込で、1万円のキャッシュバック

※2018年2月時点の内容です。

楽天で見る【楽天モバイル】ダイヤモンド割キャンペーン

ですが、2年使った場合の料金を考えると…

  • 「スーパーホーダイ プランS」の場合
    1年目:1480円×12ヶ月=17760円
    2年目:2980円×12ヶ月=35760円
    合計53520円、1万円キャッシュバックで43250円
  • 「ベーシックプラン」の場合
    月額1250円×24ヶ月=30000円

継続して「ベーシックプラン」を使うことが前提の計算にはなりますが、キャッシュバックのために高いプランに申込むよりも、最初から安いプランの方が合計が安くなる、という結論になりました。

通話をした場合はその分も加算になるので使ってみないとわからないですが、本当に、私が通話するのって病院の予約の時ぐらいなので…。

端末を分割購入時は楽天カードなら手数料無料

端末を分割購入する場合は、使用するカードによって分割手数料がかかります。

楽天カードの場合は分割手数料無料、他社カードの場合は分割手数料がかかります。

楽天モバイル側で分割請求しているのではなく、カード会社の分割払い制度を利用しているからですね。

買い物をして24回払いにするのと同じなので、他社カードの方は一括払いにしたほうが良いです。

ちなみに、端末の請求金額も楽天モバイルの「メンバーズステーション」では見られず、各カード会社の請求額で確認することになります。

その辺はちょっと不便ですよね…。

auから楽天モバイルに変えて、毎月の料金は確実に安くなった!

毎月の料金は、多少の不便や低速は我慢しても良いと思えるぐらい、とっても安くなりました(*^^*)!

1ヶ月あたりの、auの料金と比較してみます。

auの料金プランは「LTEフラット(V)」で、「誰でも割」と「毎月割」が適用後の金額です。

au 楽天モバイル
月額プラン等の料金 5,110円 1,250円
端末代金 3,060円 1,341円
合計 8,170円 2,591円

月額約5千円も安くなりました!!

楽天の方は通話料を含んでいない(まだ通話してない)ので、もう少し追加になる可能性はありますが、それでも十分良いよね~~~と思っています!

ちなみにこの月、auで利用したLTE通信量は、「0.71GB」だけでした!!
契約していたプランは、7GBも使えるプランだったのに、です。

全然使わないのに、8000円も払い続けて、本当にバカみたい!
早く替えれば良かった(;_;)

楽天モバイルに申込むなら、ネットで申し込んだ方が良い!

低速だったり端末だったり、少々不便なところはありますが、料金がこんなに安くなったというのは本当に大きいです。

まとめとしては、楽天モバイルに申し込むなら、店頭だと手数料がかかるので、ネットで申込んだほうが良いということです!!!

あ~~~、本当に早めに申し込んでおけばネットで契約できたのに…と後悔しています。

確かに、店頭ならSIMも端末に入れて、すぐ使える状態で渡してもらえるので、楽ではあるのですが、何の説明もなく手数料を取られたのは本当にびっくり。

月末頃のタイミングで解約したい、と考えている方も

余裕を持って早めに申し込んでおいたほうが良いですよ!

と、声を大にして言いたい!

私みたいに、ギリギリになって店頭で申し込んでしまうと、何の特典も付かずに申込んだのと同じになってしまいますから(;_;)!

また、楽天モバイルのページを見ていると、チャットが出てきて自分に合うプランや手続きの不明点を教えてもらえます。
AIや自動応答では無く、オペレーターの方が回答してくれます。

チャットサービスの時間は「9:00~24:30」で、混雑時はウィンドウが出ない場合があるそうなので、出てこない時はちょっと待ってみましょう。

-Android

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.