ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

ブログのはなし

【ブログ】思い切って過去記事のパーマリンクを変更する

投稿日:2015年6月9日 更新日:

こんばんわ、紺です。
もやもや考えることが多すぎて、しょうもない下書きが溜まっていくばかりなので、少しずつでも記事にしていこう、と思っております。

今回はパーマリンクについて。

technology_1433780935

パーマリンクとは、「記事のURLのこと」です

おそらく、私は「パーマリンク」という言葉を、WordPressを触り始めてから初めて知ったのだったと思います。

最初にStinger3をインストールしたときにも、「パーマリンク設定を「カスタム構造」にしておくように」と、ちゃんと説明してくださっていて、私もこの通り設定した覚えがあるのです。

LINKWordPressテーマ「Stinger」の設定方法 – おすすめサーバーの比較.

ただ、それが何の意味があるのか、というか、そもそも
パーマリンクとは何なのか
が、わかっていなかったんですよね・・・。

もし万が一、私と同じ、WordPress初心者の方がこの記事を読んでくださったときのために、超わかりやすく説明を書いておきましょう!

パーマリンクとは、記事の名前で、それが記事のURLになります。

HTMLやWordでファイル名を付けるのと同様に、記事ごとに、記事の内容に則したものを自分で考えて、設定しておきましょう。

設定方法は、記事を書く画面のタイトルの下の「編集」を押して、半角英数字で入力します。大文字は自動的に小文字に変換されるため、使用できません。

ど、どうだろうか(;゚∀゚)=3
自分でめっちゃハードル上げてしまった・・・

パーマリンクを設定するメリット

さて、パーマリンクを設定するぞ!という意気込み(意気込むほどのことではない)は、以前の記事にて宣言した通り、宣言以降の記事には設定しています。

メリットとしては、自分でアナリティクスを見た時に、どの記事を読んでもらっているのか、というのが圧倒的にわかりやすくなりました!

過去記事のパーマリンクを変更するデメリット

今の記事のURLが見やすくなったので、欲を出して、過去記事も変更したいなぁ・・・と思ったりするのです。

が、もちろんデメリットはあって、いろいろな記事を読ませていただいて、こういうことなのかなぁ、と思ったのは2つ。

  • URL変更により、検索のインデックスがやり直しになる、場合がある
  • SNSでシェアされた数のリセット

「場合がある」なんて不勉強で申し訳ないのですが、記事公開後に教えていただいた内容を最後に追記しました!

逆に言えば

こんな記事なら、ためらいなく変更しても良かろう、ということですよね。

  • 大して検索されていない
  • ろくすっぽSNSでシェアされていない

そんな記事があることがまず、駄目じゃないか?とお思いでしょう。
私もほんとに、そう思います(´・ω・`)

しかし、過去記事にはそんな駄目な記事が、陽の目を見ずにたくさん眠っているのも事実であります。

パーマリンクと記事の内容の見直しをセットで

そこで、過去記事の内容も修正しよう!と思うのですが、無駄に数が多いので、どこから手を付ければ良いのか・・・という状態です。

無駄に多いんです、本当に。
公開済みの記事が108件あるのですが、中には本文が3行という自分用メモなんかもあって、Evernoteにでも書いておきなさいよと思うのですけど。
(しかし自分には役立っている・・・)

そんなわけで、修正する記事の順位としては、最近書いた記事の下に、同じカテゴリの「関連記事」が表示されますよね。
それを見て、「ぎゃーこんな記事恥ずかしい(;-;)」と思うものからとりあえず着手していこうと思っています・・・。

パーマリンクは最初から設定しておいた方が良いです!

今思えば、当たり前としか言い様がない!

ということを、グアバさん(@loveguava)の記事を読んで、改めて思ったのでした。

LINKこれからWordPressでブログを始める人に知っておいてほしい7つのこと.

本当に、ブログを始める前の私に読ませたかった・・・と思うけれどもう遅いので、後から直せることは、直していこう( ー`дー´)キリッ

追記

元々、パーマリンク設定を「投稿名」にしてカスタム構造「/%postname%/」にしてあれば、「/%postname%/」の部分を変更しても、WordPressが301リダイレクトをかけてくれるようです。

実際、記事を書きながらひとつ、過去記事のパーマリンクを変更してみましたが、変更前のURLにアクセスすると、変更後のURLにリダイレクトしてくれていました。

Googleで検索をしてみたところ、検索結果にも変更後のURLが表示されていました。
これはプラグイン「Google XML Sitemaps」が仕事をしてくれた、ということのようです!
わけもわからず入れておいて良かった・・・>Sitemaps

記事公開後に、まろさん(@sakanoueno_maro)に教えていただきました!ありがとうございます(*´▽`*)!!

-ブログのはなし

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.