ぐうたら紺の勉強帳

WordPress、アフィリエイトなど勉強中です。旅行からセール情報まで雑多に書いております。

生活、結婚

低稼ぎ共働き夫婦の、とある土曜日

投稿日:2015年5月31日 更新日:

良い天気の土曜日のこと

あちこちのベランダから干したふとんを叩く音が中庭に響く、
洗濯日和の土曜日。
ブログをカスタマイズしたり記事を書いたり、色々やりたいことは
あるけれど、とりあえずは洗濯だ。明日は雨らしいし。

夫は録画した海外ドラマを見ている。

今日は近くで、小さいながらフードフェス的なイベントがある。
昨日の夜、17時までだよ!と言ったことを覚えているのだろうか。

結局、洗濯機を3回まわして干したりたたんだりしているうちに
私の準備も遅くなって、16時過ぎにやっと家を出た。

道中、夫は何故か、のび太くんの孫が、ジャイ子と結婚したのび太くんの
不幸な未来を変えるためにドラえもんを送り込んだのであって、のび太くんが
しずかちゃんと結婚できる未来に変わったいま、その孫は世の中に
存在しないはずで・・・などと、ドラえもんのタイムパラドックスに
ついて語っている。
どうして急にドラえもんなのだろう。

到着したのが遅すぎてほとんど食べ物にありつけず、まだまだ空腹の
我々は、行きつけの安い居酒屋へ向かう。
イベントでからあげをつまみながら飲んだ缶ビール(いや、発泡酒)の
せいで、席についた時には既にほろ酔いである。

居酒屋にて

couple

最初は、シルバーウイークの予定を話していたはずだ。
夫が、何の相談もなしに祝日と土日の間の平日も休みをとったと
言うので、うちの両親の家(沖縄)に行くとか、バニラエアが
とれたら札幌に行くとか。

そのうちに、去年の結婚記念日にどこに行ったか覚えてる?という
話になった。

夫は、自分で思い出すから言わないで、とムキになっている。
実を言うと私も思い出せず、先日スマホの写真をたどっていてやっと
思い出したぐらいなので、覚えていない彼を責める気は、まったくない。

まったくないのに、こんなことを言い出す。

あんまり過去の話ばっかりするのは、雰囲気が悪くなるだけで、良くないと思う。
どうせ、俺が覚えていないことを責めたいんでしょ?それなら未来の、これからどこに行きたいとか、そういう話をしたほうが良いと思うなぁ
はぁ・・・?
俺は今年こそグアムに行こうっていう、目標を立ててるんだよねぇ
グアムに行きたいって、5年ぐらい前から毎年言ってるよね。
去年私が調べたとき、夜着いて朝帰る、みたいなツアーは嫌だって言ってたよね。
良い時間帯の飛行機のツアーだと高いって言うから話がまとまらなくて、去年もやめたんでしたよねぇ・・・

酔っ払ってるのかなぁ、めんどくさいな。

と思いながら、私は前に行った旅行のことを思い出して話すのはすごく
楽しいし、私も去年のことは忘れていたから、責める気は無い、と、
きちんと伝えておいた。
私たちは貧乏のくせに3ヶ月に1回ぐらいは旅に出てしまうので、正直
私もあんまり覚えていないこともある。

それからしばらくは、函館に行くとき、行きの飛行機が大雪で欠航に
なったとか、伊東で見た花火が近くてすごく良かったとか、そんな話を
平和にしていた。

・・・はずなのだけれど、なぜだかいつの間にか、家事の話になった。
どういう流れだったのだろう。

マツコ(仮名)の話

いま、会社で私の隣の席に、マツコみたいな体型の女性が座っている。

彼女は(見るからに)食べるのも作るのも大好き!という感じで、
料理下手な私に色々を教えてくれる。
主婦歴も10年ぐらいで、主婦の大先輩なので、とても勉強になる。
夫にも、普段から彼女の話をよくしている。

そのマツコ(仮名)が、夕食を作りながら翌日の昼のお弁当のおかずも
作るというので、すごいよねぇ、という話からだっただろうか。

どういうつもりで、そんなことを言うの?

でもさぁ、頑張っているところに水をさすようだけど、料理って好きじゃないと上手くならないよ。紺は料理が嫌いなのに、無理してやっているでしょ?
はあ、そりゃあ、やりたくないけど、毎日お弁当を買ってくるとか、ピザを頼むわけにいかないじゃん。そんなに裕福じゃないでしょ、うちは。
仕事の後で疲れてても家で御飯作ったほうが節約になるし、多少は無理してでもやるしかないじゃん。
え、無理しなくていいって、優しさで言ってるつもりなのに、なんで喧嘩腰なの?
マツコ(仮名)さんは料理が好きだから、上手なんでしょ。
喧嘩腰?どっちが?
嫌々作ってるから、私のメシがマズイって言いたいの?
言ってない。ただ、しんどそうだから、無理しなくていいって言ってるだけ。
なんで怒るの?
(ため息)

いや、怒ってないよ。無理しなくて良いって言ってくれるのはありがたいよ。
でも、じゃあ毎日のご飯はどうするの?
どうしたら二人共無理しなくて良いのかな?
考えようよ、一緒に、解決策を。

ふm・・・

はい、余計なこと言い始めた旦那さんの負け。

勝ちも負けも無いけれど。

つい、お金のことを言ってしまったのは私が悪いと思うけれど、
どういうつもりで料理をしなくていいなんて言うのか、
さっぱり理解できない。

この後、普通の雑談に戻れるのが、我々の良いところでもあり、
駄目なところでもある。
決定的に雰囲気が悪くなるまで言い合うことを、しない。
大人だから、と言えばそれっぽいけれど、本当は面倒くさいし、
無駄に傷つきたくない、弱虫なだけだ。

今回みたいに、結論が出ないで話が終わった場合は特に思う。
「解決策」を、その後、きみは考えてくれているのだろうか?

多少は無理しなきゃ、生きていけない

確かに私は料理が得意ではない。
彼の言うとおり、夫のほうが料理すること自体が好きで、上手だ。

それでも、私が作ったものを旦那さんが「美味しい」と言ってくれるのが
嬉しいし、ほんの少しずつは上達している、はずだ。

先日珍しく、二日続けて私の残業があって、夕飯がお弁当、
ということが二日続いた。
夫は先に帰っていても、味噌汁も作っていない。
それどころか、私が呼ぶまで、自分の部屋でゴロゴロしていた。
イライラしたけれど、何も言わなかった。

食事の後、ささやかな抵抗として、私は洗い物をしなかった。
もちろん夫も。
食器はそんなに使っていないけれど、お箸やグラスは使うので、
洗い物が溜まっていった。

家には、私か夫しかいない。
どちらかがやらなければ、誰もやらないことになる。
家事において、「気がついたほうがやる」なんて夢みたいなルールは、
絶対に成り立たない。
二日抵抗を続けた後、三日目に夫が洗っていてくれた。

私たちは別々の家で育った、他人だ。
他人同士が一つ屋根の下で上手く暮らしていくためには、少しぐらい
無理しなきゃいけない場面も出てくる。
それが結婚というものであって、生活だと思う。
だけど、その犠牲が片方だけに偏ると、当たり前だけど上手くいかなくなる。

ついつい、ブログには愚痴のほうがネタにしやすくて書いてしまうけれど、
普段はまぁまぁ仲良く暮らしていて、くだらない話で爆笑したり、仕事の
愚痴を言い合ったり、ゲームの対戦で毎夜熱く闘ったりしている。

結婚して、1年半。
結婚生活において、私たちはまだまだ、デビューしたての初心者だ。
悩んだりぶつかったりするのは当たり前だと思って、疲れるけれど、
前向きに解決策を考えていきたい、と思う。

-生活、結婚

Copyright© ぐうたら紺の勉強帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.